情報発信

ブロガーとして、お店の紹介記事を書くときに大切にしているひとつのこと

投稿日:2016年7月18日 更新日:

今年の7月からブログ更新を日課とするようになりました。

特に力を入れて更新しているカテゴリーは「グルメ・カフェ情報」

単純に私があちこち食べ歩いていることもあるし、多くの方が外食やサードプレイスに関する情報って知りたいですよね。

私もそうです。

新しいお店や場所を知ると、誰かに伝えたくなる。

私の場合はそれが、外食であったり心地いい空間の話になります。

それをサイクル化するために自分の足で情報を得て、このブログを通じて発信しています。

ブロガーがお店の紹介記事で、大切にしているひとつのこと

SNSやブログで情報を発信することを、多くの方が日常的におこなうようになりました。

記事や写真だけではなく、動画に編集されて公開されている方も少なくありませんし、私もそのうちのひとりです。

自分が知っているお店やおすすめしたい商品のことを伝えていくうえで、私がもっとも重宝しているメディアがこのブログです。

そこで、お店や商品の情報発信をするうえで私が心がけていることをお伝えします。

そのお店や商品を「応援する」というマインド

ただ単に「おいしかった」「まずかった」という話題もりっぱな情報です。

その場に足を運んで、体験したことをそのままの言葉で自分のメディアで発信することはとてもエネルギーを必要とすることです。

加えて、ネガティブな意見をすることに対する覚悟も必要でしょう。

しかし、考えてみれば「おいしい」「まずい」という表現は個人の趣味嗜好に左右されます

その時の体調にもよるし、いろいろな環境によって左右されることもあるでしょう。

言ってしまえば、誰だって書けることです。

そういった表層的に左右される脊髄反射の感情よりも、記事に価値をつけるために大切なことは「応援する」ということです。

お店の意図をどこまで書き起こせるか

訪れたお店を営んでいらっしゃる方は、少なからず「まずい」商品を提供し続けるために経営されているわけではありません。

多くのお客様によろこんでいただくための価値を「食べもの」や「空間」で提供して下さいます。

その経営者の思いを汲み、それを経験した自分自身が情報発信源となって多くの方に伝わるような意識をして記事を書くようにしています。

その記事を読んでくださったかたに喜んでもらって、よし行ってみよう!という気持ちになっていただくことができれば、ブロガーとして情報発信をする意味があるというものです。

そのためには記事を書く本人に、紹介するお店を「応援する」という意識が備わっていることが大切だと感じています。

あくまでも自分本位の記事ではなく、読んでくださる方に価値を見出してもらえるように。

これからもこのマインドを保って、『ブタヅラなりの結論。』では「グルメ・カフェ情報」をお届けしていきます。

こちらの書籍が参考になります

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.