きょうはちょっと思い出深い日となった
読書の鉄人、スギです。

娘の誕生日に肝を冷やしたのが
その理由なのですが・・・

FacebookとInstagramには
夕方に写真つきでお伝えした
きょうの娘の生誕祭。

娘の希望で
手づくりバースデーケーキを
家族で準備しました。

スーパーでいちごを買った写真は
そのためだったんですね。

ちなみに、熊本県はJAやつしろの
「さがほのか」を買いました。

スポンサーリンク

1パックのいちごに込めた意味

さがほのか

震災の影響や道路事情を鑑みても
このタイミングで熊本県産の生鮮品が
店先に並んでいるのを見かけるとそれだけで手が伸びてしまいます。

さて、冒頭に書いた肝を冷やした話。

これはケーキをつくる前に起こりました。

妻がケーキづくりの準備をしている間、
娘と私はふたりで近所の散歩へ。

娘はそのとき、アメをなめていたのですが、
そのアメが十分に溶けきってないうちに
「パパ、かたぐるまして~」と言ってきた
娘のことを高く掲げたんですね。

この時、トラブルが起こりました。

あわや大惨事?!

口の中のアメが、
一気にノドの中に落ち込んでしまったようで
ちょっとずつ異変が起こって
程なくして「いたい、いたい!」と泣き叫ぶほどに。

急いで妻と話をして
かかりつけの小児科医に相談をするなど
動転してしまいました。

ずっと私にしがみついたまま
泣きながら苦しがる娘に
とんでもない誕生日になってしまった・・・と
こちらまで半泣き状態。

・・・しかし、
ノドにひっかかっていたのはアメです。

そのうちに
「いたくなくなってきた」と
平穏を戻したのです。

これがもし、気管をふさぐような
運の悪いことにでもなっていたらと思うと
未だに身震いをしてしまいます。

そこからは家族3人で
予定通りに手づくりケーキをつくって
楽しいバースデーパーティとなりました。

日々、子どもの成長を見ていると
その環境をどのように整えていくべきなのか
本当に勉強の毎日だな、と
痛感したきょうのできごとでした。

FacebookやInstagramに
娘へのたくさんのお祝いコメントをくださり、
本当にありがとうございます^_^