1時過ぎの地震発生時には自宅作業中だった
読書の鉄人、スギです。

夜11時くらいから自室で作業を始め、
そこからずっとテレビはNHKを
流し続けていました。

なんとなく眠い目をこすりながら
そろそろ寝ようかな、と思っていた矢先に
iPhoneとテレビから
緊急地震速報のアラームが。

震度3と言われた私の自宅があるエリアでも
長い時間にわたっての横揺れがあり、
14日夜の再来かと不安になりました。

スポンサーリンク

情報を発信し、行動に移すこと

結果、そこからぐっすりと寝ることもできずに
ずっとうとうととしながら
作業を続けることに。

日が昇るに連れて、
テレビで報じられる地震の爪痕は
まるで2014年に私が体験した
自宅周辺の土砂災害を思いださせるものでした。

深夜に激しい不安に襲われる恐怖は
本当に筆舌に尽くし難いものです。

そのフラッシュバックもありながら
今朝からずっと報じられるニュースを見かけては
Twitterなどで情報を発信していました。

その中で実際に行動できるものとして
義援金や寄付の情報を取りまとめることも
情報発信者の務めとして責任を感じています。

取り急ぎまとめたものですが、
私のブログにエントリを出しました。

平成28年熊本地震 義援金に関する情報

スポンサーリンク