ここ最近は
「デイリースケジュールの予実管理」
というお話をつづけてきましたが、
それとはちがうツールを使っている
ともお話しました。

スポンサーリンク

手づくりリフィルのもつパワー

私がふだん使っている
A5サイズのシステム手帳は、
ほとんどが書きなぐりのページです。

罫線のページには
商談メモや議事録が
きっと他人には解読できないくらいの
よくいう「ミミズが這ったような字」で
書き残されています。

しかし、私自身の
手づくりリフィルでフォーマットを組んだ
先日からお話している
「1日のデザイン」や、
きょうお話する
「No.1 ドリカム・デイリーシート」は
ていねいな文字で書いています。

「No.1 ドリカム・デイリーシート」とは
このメルマガでもよくお名前を出させていただく
『子どもが自分で伸びていく6つの習慣ー9歳までの「しつけ」の基本』
の著者である
八田哲夫さんから教えていただいたもの。

八田さんの著書はこちら
↓  ↓  ↓

八田さん自身も
そのきっかけは、今日ご紹介した
しもやんこと下川浩二さんから教わったとして、
「No.1 ドリカム・デイリーシート」のことを
ご自身のブログに書いていらっしゃいます。

八田さんのブログエントリはこちら。
↓  ↓  ↓
http://hachamanworld.jugem.jp/?eid=4292

八田さんのブログエントリと
しもやんの本を読んだことで、
リフィルを手づくりして
手帳を活用している私にとっては
またひとつ強い武器を手に入れた気分です。

・・・うん、気分じゃなくて
きちんとそれを活用して
願望実現を達成しないとね!

しばらく実用を重ねていって
これは!というタイミングになったら
ここでもさらにお伝えしていきます。

GoogleやEvernoteといった
クラウドサービスに依存して
IT系にもそれなりに精通していると
自認している私ですが、
あらためて手で書いて
夢を叶えていくという
アナログな活動を広げていくことに
もはやワクワクしかありませんね^^

スポンサーリンク