4月の行動計画を見直し中の
読書家ビジネスマンのスギです。

きょうは2016年の1月から3月を振り返って
予実管理をしていました。

結果・・・・・甘い!

自分に甘すぎる!!

・・・そんな振り返りとなりました。

スポンサーリンク

計画があるから修正ができる

4月1日だからって、
気の利いたウソのひとつも用意出来ていません。

いつものように気軽にお読みください(^o^)

2016年も4分の1が終わりましたね。

覆水盆に返らずといいますので、
過ぎたことを悔やんでも仕方がありません。

ただし、悔やむ前にすることがあるとすれば、
「予実管理」をして
行動計画を見直すということでしょうか。

私が2016年の年頭に立てた行動計画と、
それをもとにした実績を振り返ってみると
達成していない項目が2つあります。

ひとつは「○○○○○○○の○○」、
もうひとつは「○○○を○○○ための業務移譲」です。

前者は数値管理をしているので、
確実な予実管理ができます。

だから予定未達の理由を
きちんと述べることもできます。

そして、
予定を達成させるための手段を変更する
(行動計画を書き換える)ことも可能になります。

一方で後者については、
数値管理ができていないので、
振り返りが難しい内容です。

しかし、数値管理ができない本当の理由は、
数値管理するための策を
講じていないことにあるはずだ、と考えています。

よって、きょう1日の私の思考は、
予定未達の2案件に関する行動計画の見直し、
そして数値管理をするための再考
ということをやっていました。

あらためて、振り返った結果として
行動の量と成果って比例するんだな、
と痛感しました。

3ヶ月後、いや1ヶ月後の振り返りに
きょうと同じ轍を踏まないそのために
ある武器も用意しましてね・・・。

その武器については、またお話します^_^