情報発信

一次情報を発信するための『Instagram』横展開理論 その2

投稿日:2016年3月19日 更新日:

『Instagram』講師にでもなろうかと
ひそかに画策している
読書家ビジネスマンのスギです。

『Instagram』で
たくさんの本と知り合えるようになりました。

私が『Instagram』に本の投稿をするときは
次の5つを心がけていると言いました。

・フィルターは使わない
・本をメインに配置する
・本以外の風景は、ぼかすことができればぼかす
・ぼかせない風景の場合は、写真全体の1/3に留める
・ハッシュタグをつける

さて、少しずつSNSの横展開を進めていきましょう。

ちなみに、前回の記事はこちら。

一次情報を発信するための『Instagram』横展開理論 その1

 

効果的なハッシュタグを見つける

先に述べた5つの項目の中で、
横展開を考えるときに最も大切なのが
「ハッシュタグをつける」ということです。

ただ闇雲にハッシュタグをつけても意味がありません。

ある程度のコミュニティとして
機能しているサイズの
ハッシュタグを見つけます。

私が利用しているハッシュタグは
次のとおりです。

#きょうの一冊

#読書メモ

#読書タイム

#読書ノート

#読書好き

#読書倶楽部

#読書

#読

#本が好き倶楽部

投稿にこのハッシュタグを使うと、
友達になっていない方からも
ハッシュタグをつうじて
「いいね!」をもらえることができます。

逆に、
こちらもハッシュタグを
検索ワードに他の方の投稿を見ることで、
新しい本との出会いが生まれます。

『Instagram』ですと、
写真の体裁から
その方のセンスも見えてきますから、
気になる方には
積極的にコンタクトを取るのも
いいかもしれませんね。

こうやって、
『Instagram』内でのコミュニティを
横展開していくことでも
本と人がつながっていくという
経験ができますよね。

ちょっとした読書会の気分です^_^

このように
私自身が自分発信で本の情報を提供し、
一方で、他の方の投稿を拝見して
感謝のリアクションを取ることが
読書家としての
ミッションステートメントのひとつだと
感じています。

メンタリティを鍛えながら、
本と素直に付き合えることにつながると信じて。

もちろん、装丁とわずかな書評のみが
その本を手にするかどうかの
判断材料なのですが、
いい本、そうでない本
どちらであっても
まずは本を知ることが
すべてのはじまりですよね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.