最近、読みたい本が手元に
どんどん増えているのにもかかわらず、
ちょっと物足りないなあと感じることがありました。

それってどういうことなのかと考えてみたら、
答えはすぐに見つかりました。

新聞を読みなさい、
というのはよく言われる話ですよね。

「新聞記事を見なくても、
ネットがあればニュースはわかるよ」と、
新聞の購読をしていない方も
多くいらっしゃるこのご時世では、
新聞の普及というのは
なかなかに厳しい現実だと感じます。

ネットのニュースだけでは、
自分が知りたい情報しか
入ってこないという側面があります。

なぜ新聞を読むことを
勧められるのかといえば、
「自分が知りたいことや
読みたい情報以外のインプットを
知ることになるきっかけがあるから」
ということにあります。

このことは掘り下げていくと
読書のあり方や、
転じて速読の話にもつながるのですが、
それはまたの機会にしましょうか。

話を戻して、
新聞に触れることにはそういう意味があります。

それと似た感覚が、
冒頭に書いた私の今の気持ちにあります。

「読みたい本がたくさんあるのに、
ちょっと物足りないな」というのは、
何かというと
『最近、書店に行っていないや』ということです。

先の新聞についての例を
さらに引き合いに出すと、
書店に行くことと
新聞を眺めるという行為は
ものすごく似ています。

書店に足を運ぶ動機として
「買いたい本がある」とか、
「ちょっと空き時間ができたから」
ということはありえるのですが、
それを新聞に置き換えると
「気になる記事がある」とか、
それこそ
「時間つぶしに新聞でも」
ということに置き換えられます。

つまり、
読みたい本は
私がインプットしたい情報だらけなのは
間違いないのですが、
いまどんな本が出回っているのか、
書店に行けば
今まで気づかなかったジャンルや
タイトルの本に興味が湧くかもしれないという
「ライブ感」を感じていないことが、
私が物足りないと考えた理由でした。

Amazonや大型書店のショッピングモールは、
購入だけを目的にすれば便利です。

購入履歴からマッチングしてくれる
タイトルの精度にはいつも驚かされます。

でも、そればかりを頼っていると、
偏ったインプットになってしまいますからね。

そういうときに
本に対する気持ちを
フラットな状態にするためにも、
書店をくまなく歩く、
それも大型書店か
セレクトショップのようなお店を、
ということを考えるのです。

いってしまえば「パワースポット」ですよね。

フラットなインプットを
得るためのパワースポット、
お気に入りのお店はありますか?

きょうはほんの少しでも、
書店に行く時間を創りだすことにします。

スポンサーリンク