昨日から東京入りをしている
読書家ビジネスマンのスギです。

1泊2日で東京に来ていて、
きょうの記事はお台場のホテルで書いています。

部屋の大きな窓には
レインボーブリッジやフジテレビ、
少し遠くには東京タワーまでもが飛び込んできて、
イナカモノ特有の
ちょっとした恍惚感に浸っているところです。

そこで何をやっているかといえば
パソコンに向かって作業と読書です。

この点は平常運転ですね。

今回、あえて
台場のこのホテルを選んだのには理由があります。

平常運転の作業を行う環境を変えたら
どんなパフォーマンスが出せるんだろう
ということの実践です。

昨夜は19時過ぎにホテルに入り、
少し休んでからホテル周辺の散歩。

1時間程度で帰宅してからは、
湯船にゆったり浸かってから読書をします。

それから3時間ほど
ノートを取り出してワークをしていました。

だだっぴろいツインベッドの部屋で、
広島でもできるワークを
お台場のホテルでこなした結果はというと、
最終的なアウトプットに大差ありませんでした。

ただ、ひとつ言えるのは

「非日常空間で日常のワークをおこなった経験ができた」

ということですね。

これはとても大切なことです。

「二次情報の一次情報化」という考えがあります。

他人から聞いたり、
メディアから仕入れた情報を
どれだけ実体験することができるか。

自分の感覚や感性から情報化するということです。

これが積み重なっていくと、
発想力に大きな差が出てくるような気がします。

もちろん、
それを下支えする
読書などでの情報収集や
知識のインプットがあってこそだと信じたいのですが、
これをより体系化していくには
やはり「行動」に優るものはないなあと感じます。

きょうからメルマガのひな形を変えました。

主には「書評」を設け、
本の概要とそれを読んだ
私の「行動」を書いていきます。

その「行動」も大げさな夢物語級の規模ではなく、
ちいさな最初の一歩
(これをベイビー・ステップと呼びます)
を添えてみます。

私の読書会で行なっていることですね、
それをメルマガで展開していきます。

メルマガを書き続けるということで
私の一次情報は蓄積されていきます。

そして読んでくださっている方にとって
二次情報となる私のメルマガやこのブログが、
一次情報に置き換わる
何かのきっかけになることを心から願っています。

では、もう少しお台場探訪をしてから
夕方には広島に戻ります。

スポンサーリンク