なにかあたらしいことを

継続してはじめるとき、

ついつい今までの延長線上で

それを生活の中に組み込みがちです。

 

たとえば、

健康のためにフィットネスクラブに

通うと決めたとき、

フィットネスクラブに通う時間を

いままでの生活のなかから捻出しないといけません。

 

ダイエットをはじめて体重を減らそうと決めたとき、

今までと同じ食生活を送っていては

結果が出てくることはありません。

 

食べる量を減らすか、

食べ方を変えるか、

もしくは食事の内容を変える。

 

そういったことが必要です。

 

なにかをはじめるときには、

なにかを整理するという

考えが必要になります。

 

ちなみに

ここでいう「整理」とは、「捨てる」ことです。

 

ゴールを見据えて行動を決めていくとき、

日々のベイビー・ステップの積み重ねが

将来の大きな結果につながります。

 

つまり、ゴールための第一歩として、

昨日とはちがう

「あたらしいこと」をひとつはじめ、

そして

昨日まで「お世話になったもの」を

ひとつ捨てるという行動でもあります。

 

これを体現されている方がいらっしゃいます。

『あなたの1日は27時間になる。』

という本を出版され、ここでもご紹介した

木村聡子(きむら・あきらこ)さんがその方です。

 

詳しいことは、木村さんのブログをご覧ください。

「一日一捨」を実践すると、家やオフィスが片付くだけでなく、必要なものを見極める力が養われます。(kimutaxカフェ)
http://blog.kimutax.com/archives/51903114.html

 

人生の整理整頓ですね。

 

日々の暮らしのなかで、

この行動を実行していくと

『凡事徹底』の結果はいずれ訪れるでしょう。

 

もしもブログやTiwtterといった

アウトプットメディアをお持ちの方がいらっしゃれば、

そこで日々宣言されるのもいいでしょうね。

 

それを踏まえて私も、

メルマガとブログに明日から

「一日一新」と「一日一捨」を

書いていくこととします。

 

ルールは、木村さんのそれにしたがって。

 

スポンサーリンク