私の読書会では、

とにかく「ふせん」を使います。

 

一般的に市販されているふせんで十分で、

75mm四方のものだと最適です。

 

そのふせんを使って

読書会で何をしているのかというと、

ふせんに「質問」を書きます。

 

その本から読み出したい内容、

自分自身が疑問に思っていること、

その本の著者に尋ねてみたいこと・・・。

 

これらはすべて「質問」といえます。

それを書きます。

 

そして質問の回答を探すように本を読んでいき、

そのふせんに回答を書き込んでいきます。

 

すると、そのふせんには質問と回答がまとめられ、

立派な「アウトプット」が出来上がります。

 

インプットは読書で行い、

アウトプットにふせんを使うことで

理解を深めることができます。

 

そして、手元に残ったふせんを見ると、

実はその1枚は立派な知識のストックになります。

 

私は読書メモとして「Evernote」を使っています。

 

本の表紙を撮影し、そしてふせんを撮影する。

 

すると、「Evernote」の中には

知識のストックが増えていきます。

 

気になった時、振り返ってみたい時には、

バツグンの検索能力を発揮する

Evernoteに頼って記憶を呼び起こし、

たとえばメルマガの記事にしたり、

セミナーなどで話をする際の

ネタとして蓄えるのです。

 

こうやって知識のインプットに対する

アウトプットとそのストックを積極的に繰り返して、

血肉となる知識を増やし続けたいものです。

スポンサーリンク