スギ(@sugi_pallat)です。

お金に関するトピックを見ていると、「節約」と「ケチ」のちがいについて語られることがあります。

共通して言えることは「ムダ遣いをしない」といったところでしょうか。

しかし、よくよく考えていくと、このふたつには根本にある決定的な違いがありました。

スポンサーリンク

「ケチ」は孤独でぼっちになっていく。「節約」とのちがいでわかるお金の使い方とは。

お金を大切にするという考えで「ムダ遣いをしない」のは大切なこと。

必要なお金を必要なときに使うことが、人生を豊かなものに変えていくし、「生き金」「死に金」とも言うところでは、「死に金」ばかり使っていると自分への投資には到底つながらないですよね。

「生き金」とは、将来にとって価値を生み出したりする投資のような考え、一方の「死に金」というのはわかりやすくいえば浪費、ムダづかいということ。

「節約」と「ケチ」のちがい

そこで、「節約」と「ケチ」のちがいに話を戻すと、これらは次のように定義されます。

 

「節約」・・・不要なお金を削ろうとする

「ケチ」・・・必要なお金までを削ろうとする

 

お金を削るというところは共通していますね。

しかし、削ろうとするお金にどういう意味があるのかを理解しておくことが大切なんですよね。

では、このふたつの違いの基準はどこにあるのでしょう。

 

「節約」とは、自分だけではなく他人にも喜ばれるお金の削り方

「ケチ」とは、ひとりよがりで他人を不快にさせるお金の削り方

 

と、私は読み解きました。

つまり、あなたが「これはムダ遣いだな」と感じたときに、あなたひとりの価値観で解釈をするのではなく、他の家族や同量、友人にとってもメリットがあると思えるものが「節約」、あなた以外の人が難色を示すことが「ケチ」といえます。

お金を削る前にすること

お金を削ろうと考えるときには、まずは他人に相談することですね。

なぜなら、ひとりよがりでお金を削ってしまうと、「あのひとは『ケチ』だから」というレッテルを貼られてしまい、周囲から誰もいなくなってしまいますよ。

「ケチ」は長期的な生産性をもたらしません。加えて、大切な「人脈(と信頼)」という資産も切り崩してしまいます。

良かれと思ってお金を削っていたら、気づいた時には孤独になっているということです。

お金に関わる知識を深めるには、まず人間関係も大切にしないといけないですね、という話でした。