スギ(@sugi_pallat)です。

ITツール大好きの私ですが、実は文房具も大好きなんです。

特に、知的生産性を高めるためならどんな文具も一度は試したい、そう思うほどです。

しかし、そんな私が大切にするのはもっとシンプルなアレです。

スポンサーリンク

思考を捕まえるにはアナログから入る

いつも大きなビジネスバッグを持ち歩いています。

中身は、ノートパソコン、タブレット、財布、サプリメント、モバイルバッテリー、自撮り棒、文房具各種、そして日替わりで本を2~3冊。

結構な重量です。

スキマ時間には本を読み、出先でも資料作成ができるようにノートパソコンもつねにスタンバイ状態。

要するに、出先でもオフィスでも、このカバンがあればひらめきのアウトプットをすぐに形に残せる環境にしています。

というふうに、割とデジタルに頼りっぱなしではありますが、基本のアイデア創出や組み立てをするときには、紙とペンが活躍します

その中で欠かせないのが『ふせん』

75mm四方のふせんを4色、各1冊ずつ持ち歩いています。

スギ式『ふせん』活用法

このふせんがとにかく便利。

私の活用法といえば、たとえばブログ記事のネタを記録したり、読書メモを書き出すといった「記憶を記録に残す」ための必要不可欠なツールにしています。

「あとで思い出そう」などとほったらかしてしまって、思いついた瞬間に書き残さないのは高確率でそのネタを忘却の彼方に追いやってしまうので、思いついた時にはすぐに書き出す。

そのために75mm四方のふせんは、カバンにも胸ポケットにもちょうどいいので手放せないのです。

そして4色を同時に持ち歩くのは、その時の気分によって使い分けるということをしています。

場合によっては色分けルールを決めてからふせんに書き出すこともありますが、基本的にはファッション感覚でふせんを使います。

こうやって書きだしたものを、オフィスのホワイトボードや自宅の壁にバンバン貼りだして、思考の過程やアイデアをまとめるという作業につなげて、仕事の組み立てをおこなっています。

ぜひ、ふせんを携行することをオススメしますよ。