スギ(@sugi_pallat)です。

1月5日深夜1時前。

冬の寒さも相まったこの時間の、凛とした静寂の中に佇む神社で、昨年の感謝と今年の祈願をしてきました。

初詣には、ふたつの意味をもたせるように考えています。

ひとつは、去年1年間の結果報告。

そしてもうひとつは、これから先1年の目標設定を宣言するというもの。

おそらく、去年1年の結果報告はどなたもされていることでしょう。

 

「家族が無事に過ごせました」

「受験や資格試験に合格しました」

「病気が治りました」

「会社で昇進しました」

 

こういうことをお話していますよね。

一方で、これから先1年の目標設定を宣言することを考えてみます。

 

「家族が元気に過ごせますように」

「彼氏・彼女ができますように」

「会社を辞めて独立できますように」

「ケンカした相手と仲直りできますように」

 

こんな感じで『お願い』をするのがほとんどではないでしょうか。

これだと、文字り『神頼み』になってしまっています。

 

では、どうすればより目標設定が明確になって、来年の初詣のときに気持ちの良い報告ができるようになるのかといえば、「目標のゴールを明確にして、逆算のストーリーを立てる」ことです。

 

「私はこの1年、○○を成功させる。そのために○○をします」

 

こういった宣言をすることが、自分自身を鼓舞させることとなり、『神頼み』から脱却した目標実現を目指しやすい年の始まりとなると考えたのです。

そして、それを実行してきました。

さあ、来年の初詣では神さまになんとご報告できるのでしょうか。

今からワクワクしています。