スギ(@sugi_pallat)です。

良質なアウトプットを続けることがさらによいインプットを招く習慣につながり、その価値を求めてくださる方にアプローチしていくことこそが生涯にわたっての学びにつながります。

それであるならば、良質なインプットを提供してくれるコンテンツや人脈、サービスをうまく扱えるようになることもまた能力向上には必要なスキルとなります。

きょうは、私自身がどうやって情報を集めているのかご紹介します。

スポンサーリンク

スマホアプリと連携させまくる!

私自身は、RSSリーダーでのブログ巡回と「日本経済新聞 電子版」がその情報収集のキーとなっています。

まずは「Feedly」と「日経新聞 電子版」のふたつのアプリで記事タイトルを流し読みします。

そこで気になった記事はタッチひとつで「Pocket」というサービスに連携共有しあとからじっくり読みます。

When you find something you want to view later, put it in Pocket.

どんな記事を読んでいるかは「IFTTT」というサービスを使って次のアクションへ自動的に移しています。

・Twitterに読んでいる記事名を自動投稿

・Evernoteに、記事をキャプチャしたノートの自動生成

そこから選んだ記事がブログの題材となったりお会いした方と話すときの話題につながります。

Evernoteがないと困る!

いろいろなサービスと連携して情報の収集とクレンジングを繰り返すのですが、もっとも重要なサービスとなるのが「Evernote」ですね。

Evernote は、大切なノートを整理するためのアプリです。自分が書いたメモなどを検索可能なデータとして、どこからでもアクセス可能にします。

日本でサービスがはじまってから長らく利用を続けていて、プレミアムサービスになってからも課金をし続けているほどに生活の一部に馴染んでいます。

仕事のみならず、「Evernote」をプライベートでも活用することで自分自身の生活が記憶から記録に変容していくことでメリットづくしであると実感しているほどです。

良質なアウトプットをし続けるためには、より良いインプットとそのクレンジングをひたすら繰り返すことですね。

ときどき、「Evernote」の使い方で個別に相談を受けることがあるので、上に書いた情報を扱う人のマインドセットをもとにお話をする機会があってもいいのかな、と思っています。