情報発信

情報のIN ⇔ OUTをつかさどるための、スギ式フローについて(2015年6月版)

投稿日:2015年6月26日 更新日:

良質なアウトプットを続けることが

さらによいインプットを招く習慣につながり、

その価値を求めてくださる方に

アプローチしていくことこそが

生涯にわたっての

学びにつながるものとなります。

 

それであるならば、

良質なインプットを提供してくれる

コンテンツや人脈、サービスを

うまく扱えるようになることもまた

能力向上には必要なスキルとなります。

 

きょうは、

私自身がどうやって情報を集めているのか

ご紹介します。

スマホアプリと連携させまくる!

私自身は、

RSSリーダーでのブログ巡回と

日本経済新聞 電子版が

その情報収集のキーとなっています。

 

まずは「Feedly」と「日経新聞 電子版」の

ふたつのアプリで記事タイトルを流し読みします。

 

そこで気になった記事は

タッチひとつで

Pocket」というサービスに連携共有し

あとからじっくり読みます。

 

どんな記事を読んでいるかは

「IFTTT」というサービスを使って

次のアクションへ自動的に移しています。

・Twitterに読んでいる記事名を自動投稿

・Evernoteに、記事をキャプチャしたノートの自動生成

 

そこから選んだ記事が

ブログの題材となったり

お会いした方と話すときの

話題につながります。

Evernoteがないと困る!

いろいろなサービスと連携して

情報の収集とクレンジングを

繰り返すのですが、

もっとも重要なサービスとなるのが

「Evernote」ですね。

 

日本でサービスがはじまってから

長らく利用を続けていて、

プレミアムサービスになってからも

課金をし続けているほどに

生活の一部に馴染んでいます。

 

仕事のみならず、

「Evernote」をプライベートでも活用することで

自分自身の生活が

記憶から記録に変容していくことで

メリットづくしであると

実感しているほどです。

 

良質なアウトプットをし続けるためには

より良いインプットとそのクレンジング。

 

ときどき、

「Evernote」の使い方で

個別に相談を受けることがあるので

上に書いた情報を扱う人のマインドセットをもとに

お話をする機会があってもいいのかな、と

思っています。

日経電子版を使っている人は今がチャンス!

今、日経新聞電子版を契約している方は、

Evernoteのプレミアムサービス1年分の

クーポンがついてくるサービスを実施中!

日経電子版有料会員限定 Evernoteプレミアムキャンペーン実施中!

すでに日経電子版 有料会員の方も

Evernoteポイント(120ポイント)として

付与されるので、

申し込まない手はないです!

 

締切は6月30日まで。

私もきょう、申し込みを済ませて

ポイントゲットしました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.