2015年4月1日

ライフハック

2015年度のはじめに、「お金儲けとは?」について考察する

投稿日:2015年4月1日 更新日:

おかげさまで、2015年度のスタートを迎えることが出来ました。

なんて書くと「経営者かねキミは?」みたいに思われるところもあるかもしれませんが、それなりにそう思うところが強くなってきた今日このごろではあります。

普段からよく話をする方には伝えているのですが、今年6月で40歳を迎える私にとって、この1年というのは人生の大きなターニングポイントなんだろうなと捉えています。

人生80年としても折り返し。

社会人生活においてもほぼ折り返し。

ではそのターンを前に、どのような生き方・暮らし方・考え方が備わっているかというのをていねいに見つめなおしていた折に、Yahoo!知恵袋にこんな質問と回答を見つけました。

お金を儲けることは悪いことではない

お金を儲ける事に遠慮してしまいます。」(Yahoo!知恵袋)

質問者は、自らが儲けるとどこかの誰かが貧乏になるかもしれないと考えています。

しかし、質問者はこのように回答しています。

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。

(出典:Yahoo!知恵袋

なるほど、この1万円札の喩えは原理原則を示していて、とてもわかりやすい。

付加価値の創造が世の中の資産を増やしていき、誰かの役に立つことが世の中の財物を生産していくというのは説明しやすいものでした。

「貧乏」とは価値を生み出さないこと

つまり、労働を提供して対価を得るにしても、知識や教養を提供して対価を得るにしても、いずれにしても何かしらのアクションをもってして(目的は明確であるに越したことはないし、むしろあるべきだが)、世の中に貢献するという意識のモチベーションこそが自らを律する本質、あえて言うなればそれこそが「仕事」であり「志事」なのだろうなあ、という気持ちが強くなってきたのです。

回答の裏を返せば、誰かに付加価値の提供をできなければ貧しくなる、価値を生み出さなければ「貧乏」になる、ということでもあります。

結果としてそこに富がついてくる

ここ1〜2年で関わったすべての方たちとの交流がその考えの源泉となって、今こうして自らの考えがはっきりとわかるようになってきました。

冒頭にも書いた生き方・暮らし方・考え方のベースです。

ではそれをどのように具現化するか、それについてもまとめていきます。

ちなみに先述の回答者の方は、最後にこのようにまとめられています。

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

(出典:Yahoo!知恵袋

なんだか、私も頑張ろうと思えるようになってきました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-ライフハック

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.