スギ
全粒粉麺の油そば!

スギ(@sugi_pallat)です。

2018年5月末にオープンした直後に訪問して以来、ちょっとご無沙汰をしていたラーメン店が広島市安佐南区川内にあります。

約1年ぶりに再訪したので、今回はこちらをご案内しますね。

スポンサーリンク

拉麺 稲盛 〜 カフェ併設のとんこつラーメン店はりょう二郎系列店、全粒粉麺の油そばがオススメ(広島市安佐南区)

今回ご紹介する「拉麺 稲盛」は、せせらぎ公園そばにあるお店です。

せせらぎ川側は「珈琲フィーカ」を営業されていて、反対側でこちらのラーメン店を営業されています。

この通路を右に曲がれば拉麺 稲盛、さらに奥に進むと珈琲フィーカにつづきます。

この巨大な看板を目にして、ラーメンへの熱はどんどん高められていきます。

入店すると左手に券売機があるので、こちらで食券を購入します。

今回は、全粒粉を使ったモチモチ麺が特徴の「油そば」と、ごはんと唐揚げのセットをいただきます。

訪問したこの日はお昼1時前の入店でした。

ラーメン店の客入りは少なかったものの、隣接する「珈琲フィーカ」からは多くの女性が談笑している様子を手に取るように感じられる賑やかさがありました。

そんな声を聞きながら待っていると、油そばの登場です。

拉麺 稲盛「油そば」

セットのごはんも一緒に届けていただきました。

大判のチャーシューに半裁の煮卵、ネギと刻みのりが添えられています。

それを丼の底から大きくかき混ぜます。

濃いめのだしが使われていても、全粒粉を使っていることが目に見える極太平麺のルックスに期待は高まります。

事実、麺を口に運ぶとモチモチとした食感が、濃いめに味付けられている油そばであってもスルスルと食べたくなるおいしさを醸し出しています。

ときおりセットのごはんもいただくと、ますますこの油そばのよさが引き立ちます。

遅れてやってきた揚げたての唐揚げは、少し大きめのものが3個。

漬け込みだれのおいしさがしっかりと染みている、これもまた食べごたえのある唐揚げに仕上がっていました。

商品が揃うと同時に、次回以降来店したときに使える「替玉無料券(有効期限あり)」と、その日限りの食後のコーヒークーポン(100円)をいただけます。

この日は暑かったこともあり、食後にアイスコーヒーをオーダー。

併設するカフェからやってくるコーヒーですから、安心していただくことができます。

なによりこのマグもキンキンに冷やされているので、満足度も高まるというものです。

ここまでご紹介したのは、2019年5月末に訪問したときのものでした。

拉麺 稲盛「特製濃厚豚骨拉麺」

次にご紹介するのが、2018年5月末にグランドオープンした直後に訪問した時にいただいた「特製濃厚豚骨拉麺」です。

ドロドロという濃厚ではなく、しっかりとスープが炊きだされた甘みと旨みが共存しているスープです。

さきほどご紹介した油そばにも使われている大判チャーシューも健在です。

このスープ、ていねいに炊かれている上品かつ濃厚なスープなんですよね。

スープのイメージとしては、博多とんこつラーメンのチェーン店を思い出させるテイストでした。

油そばもとんこつラーメンもそれぞれにインパクトのある存在です。

さいごに:

今回は、広島市安佐南区川内の「拉麺 稲盛」をご紹介しました。

安佐南区緑井・八木・川内地区はさまざまなラーメンをいただくことのできるエリアとなってきているなかで、王道かつていねいなとんこつラーメンを食べることができるのは貴重ですね。

ちなみにこちら「拉麺 稲盛」を運営されている株式会社ESTは、二郎系ラーメンの「りょう二郎」などを展開されています。

この戦いは避けられなかった。かつて、こちらから戦いを挑んで遠路はるばる出向いたものの、なかなか応じてもらうことはできなかった。三度目にして対峙できた相手とは...
スギ(@sugi_pallat)です。広島にも二郎系ラーメンのお店が増えてきて、中でもさらに派生したメニューで積極的に打ち出しをしているお店も見られるようになってきまし...

こちらもあわせて、これからもおいしくて楽しい空間を期待したいですね。

ごちそうさまでした!

インスタグラム

店舗情報