スギ(@sugi_pallat)です。

そういえば最近、カラオケに行けば星野源さんの曲を歌うことが多くて、「声、似てますね」と言われる機会が多いんですね。ええ、こんなことを書けば世の源さんファンにえらい仕打ちを受けそうなのでこれ以上は自重します。

いやいや、今日のお話はそういうことではなく。

スポンサーリンク

やっと来る!星野源『Hello Song』は新曲なのにサビが歌える名曲だった。

2018年12月19日に発売される星野源さんのニューアルバム『POP VILUS』に収録される曲が少しずつ情報解禁されている中で、いよいよ待ちに待った曲の発表がありました。

ACジャパンのCMで使われていたあの曲!

2018年11月20日に放送された「星野源のオールナイトニッポン」内で宇宙初オンエアとされたその曲こそが、2年前にACジャパンのCMで大量投下されていた『Hello Song』だったのですね。

この曲については私もかつて記事を書いていました。

ACジャパンのCMで、植木等さんの映像や1964年の日本の様子をまとめたものがあります。バックには星野源さんのナレーションと、星野源さん書き下ろしの『Hello Song』と...

植木等さんをフューチャーしたそのCMは、東京オリンピックに向けた気運を高めようとしていたものだったと記憶していますが、それ以上に耳に残っているのはキャッチーで抜けの良いサビが心地良い「ハロー ハロー」と歌う源さんの声でした。

radikoで聴けるうちに!

この曲は、オールナイトニッポンで放送された直後から全国のラジオ局などでリクエスト可能ということもあり、すでに大量オンエアもされているでしょうが、なによりつくり手本人のコメントとともに聴くならば、オンエアから1週間以内に「radiko」で聴くに限ります。

私もすでに何度も聴いていて、もはや覚えてしまって歌いたいレベルにまでなっています。下記のリンクは『Hello Song』のオンエア直前部分にしていますので、まずは聴いてみてくださいな。「radiko」を使っていない方も3分間は聴くことができますよ。

関連リンク 星野源のオールナイトニッポン(2018年11月20日、ニッポン放送オンエア分)

「radiko」の視聴はさまざまな制限があるため、聴ける期間に限度はありますが、それでもこの曲のよさが伝わればいいなあ。

新曲なのに歌える!

さてこの曲、ACジャパンの大量投下CMで耳なじみになっていたこともあって、オンエアではじめて聴いたのにサビの部分はちゃんと歌えるんですよね。それだけキャッチーで耳に残るメロディーだということ。

そして、フルコーラスを初めて聴いて、ちょっと心の内がざわっとするような言葉選びの歌詞が散りばめられていて、それでいても聴いていて励まされるような楽曲になっているところこそがミュージシャン・星野源の真骨頂なんだよなと改めて感じさせられるわけです。

これが単なるアルバム収録曲で終わってしまうのはもったいないというか、もっと多くの人の耳に届いてほしいなあと思うあまりに、記事にしてみました。

さあ、今からも聴くぞ!

以上、スギでした。