スギ(@sugi_pallat)です。

いきなり質問です。

電池の捨て方って、知ってます?

「決められたごみの日に出せばいいんでしょ?」という答えは正解なのですが、相手は有害ごみ扱いされるような物(広島市の場合)。

では、そんな有害ごみはただ単に決められた日に出せばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ?知らなかった!電池を捨てるときにはテープが必須の理由。

電池はいわゆる有害ごみです。

成分として有害なものが含まれるだけではなく、ごみとして雑多に扱ってしまうと、思わぬ事故が起きてしまうことがあるんです。

発熱や破裂を起こすかもしれない

電池はエネルギーのかたまりですから、正しく扱えば電気製品を動かすエネルギーに変換されますよね。

しかし、その役目を終えた電池にもわずかながらに蓄電されていることは少なくないので、捨てるまでの過程が正しくなければ思わぬ事故に発展してしまうことだってあります。

それが、ごみとして搬出されたあとでの発熱や破裂といったことなんです。

たとえばこの「コイン形リチウム電池」と呼ばれる電池。

時計やゲーム機、デジカメではよく見かけますよね。

この電池にも寿命はあるし、役割が終われば捨てるのは当然。

でも、捨てる前にやるべきことがあるんです。

テープで絶縁しよう!

やるべきことはなにかといえば、「絶縁」です。

そう、電池には「+」と「ー」のふたつの電極があって、この電極がつながりあうと電池が機能しますよね。

でも、ごみで捨てるときに絶縁していなければ、発熱や発火ということを招く原因にもなりかねません。

そこで登場するのが粘着テープです。

セロテープでも構いませんが、今回は見えやすくするためにビニールガムテープを使ってみます。

やり方は簡単です。

テープを必要な長さに切り取って、電池に貼ります。

コイン形リチウム電池の下面は「マイナス極」ですね。

そしてそのまま、あまったテープをくるりと一周させてプラス極に貼ってしまえば、絶縁完了です。

電池などの有害ごみはそれだけをひとまとめにしてビニール袋に入れて搬出しましょう。

このとき、ビニール袋に「有害」と書くことも推奨されていますよ(広島市の場合)。

さいごに:ふつうの乾電池も絶縁を!

今回は、電池を捨てるときには絶縁をしましょうというお話でした。

この絶縁作業、ご紹介したコイン形リチウム電池にかぎらずに通常の乾電池でもおこなったほうがよいというのが電池を製造するメーカーのサイトには掲載されていました。

ひとつひとつの作業は面倒かもしれませんが、思わぬ事故防止のためにも、使い終わった電池が発生するたびに絶縁作業をしてからまとめておくことを強くおすすめします。

以上、スギでした。