スギ(@sugi_pallat)です。

ブログを読んでくださっている方から、さまざまな評価や反応をいただくことがあります。いただいて嬉しい反応は「読んでためになった」とか「あのお店、行きました!」というもの。

私の想いを伝えたいだけの記事にならないよう、読んでくださる方に向けて心がけている4つのポイントが生きている証拠だと考えるのですが、ではその4つってなに?というのをお話していきます。

スポンサーリンク

心に残るブログ記事にするための4つのポイント。ブログとあなたのブランディングにもつながります。

「読みやすいね」と言われるブログは、だいたいにして次の4つのルールを守っています。

このルールを守ることで、ブログにリズムやフローがうまれるだけではなく、読者が読みやすいと感じ、また読みたいと思ってもらえることにつながります。

ブログライティングの基本ともいえることなので、身に付けておきましょう。

1)あいまいな表現をしない

たとえば、いくつかのアイテムや事柄を紹介するとき、「など」「とか」と言う表現を用いるのはやめましょうね。

読者は、それをきっかけに考える範囲を広げてしまいます。それも、こちらの意図とは関係なく、です。

考える範囲が広がるという事は、読んでいる記事がぼやけて受け取られてしまうことにほかならないのです。あなた自身が、伝えたいことなのに伝わりにくくなる原因にもなります。

特に数字を用いて表現するときには、具体的な数字を持ち出すようにしましょう。数字のもつ力は大きいですし、それだけにより精密な数字だと記事の信憑性はぐっと高まります。

2)ダラダラと長く書かない

読みやすくて頭に入りやすい記事は、1つの文章が長くないと言うことです。

いつまでも終わらない、だらだらと長い文章は、長くなればなるほど読者にしてみれば「この記事は何を伝えたいのだろう」という印象に移り変わっていきます。もはや、ブロガーが伝えたいことなどみじんも感じ取ってもらえなくなっています。

そもそもブロガー側にしても、何を伝えたいのかをはっきりと意識してから書き始めることが大切ですが、それよりも大切なのは適度に文章を短くすることです。

これによって得られるのは小気味よくリズム感のあるブログ記事です。音楽を例にとっても、耳障りの良くて心地のいいリズムはいつでもいつまでも聴いていられますよね。

ブログの記事もそれと同じです。

3)「思います」厳禁!

ネットに情報発信をすると言う事は、その情報求めて誰かが検索でやってくるということです。

検索を頼りにあなたの記事にやってきた人というのは、何かしらの問題を解決したい、悩みを解決したいという思いがあるわけです。そこでたどり着いたあなたの記事が、「思います」といったあいまいな表現をしていると、読む側にしてみれば満足度が下がってしまいます。わかりますよね?

登山を例にしてみると、山頂からの見晴らしはステキですよと言われた山に登って見れば、曇り空でいい景色なんか眺められなかった・・・ね、がっかりするでしょ?

満足度の低いブログやブログ記事だと、「またこのブログにやってきて記事を読んでみよう!」と言う気持ちにはなりません。一期一会の出会いとなってしまいます。

読んでくださる方に強い印象を残して、ブログやブロガーとしてのあなたに興味を持ってもらうためには、多少なりとも思い切ったいいきりの言葉を使うことも必要です。「です」「ます」を主体に書くと、記事全体が締まってきますよ。

そして、ときには刺激的な言葉を用いて、よくも悪くも印象残すということが大切です。

4)見出しを適度、そして正しく使うこと

記事が長くなればなるほど、記事を段落分けして、段落ごとに見出しをつけることが求められます。

面倒くさいかもしれませんが、段落をつけるメリットは2つあります。

  • 読者が記事をより理解しやすくなること
  • 検索されたときにヒット率が高まる

だらだらと長い上に、見出しもつかない記事なんていうものは、読む側にしてみれば読みにくいだけではないんです。そもそも、検索エンジンにヒットしづらくなるんです。そうであれば、その記事っていくら気持ちを込めて書いたとしても誰にも届かない可能性が高いものになってしまいます。もったいない!

さいごに:基本のブログライティング4つでした

以上が、ブログライティングの4つの基本でした。

記事をたくさん書いていくと、そのなかであなたらしさ、あなたが使いやすいと感じる表現方法に出会うようになってきます。そのときでも、この4つの基本から外れることのないライティングを継続させることができれば、ブログを長く続けることにもつながるし、結果として多くの方に読んでもらえて共感を得ることにもつながりますからね。

忘れずに心がけてください。

以上、スギでした。