スギ(@sugi_pallat)です。

なんでもかんでも興味を示してしまうと、それはそれで疲弊してしまうものですが、本当に興味があること、あなた自身のスキルに関わることには食らいついていくくらいの貪欲さは持ち合わせ続けていたいものです。

そんな気持ちに迷いが出たとき、このことばを思い出してください。

スポンサーリンク

[今日のひとこと]何も尋ねないものは何も学ばない。何も知らないものは何も疑わない。[015]

いろいろなことを知れば知るほど、もっと知りたいという欲求は深まります。それゆえに、いわゆる沼にハマっていくということもありますが、その人にとって居心地のいい沼もありますよね。

研究熱心だったり、好奇心旺盛な人にしてみれば、学びたいことについては貪欲に食らいついていくんですよ。それはそのことを深く知って名声を上げたいとか、ひと儲けしてやろうという欲を見せることなく、自然とできてしまうものなんです。これを没頭といいます。

一方で、何事にも興味を持たず、ただただ流されて生きることが楽でいいやと思うのなら、誰がなんと言おうとそれらのことばは意に介さずに生きていればいいだけの話。のめりこむことなく、物事を知らないために、判断も意見もできないことで世の中があふれても、我関せずと暮らせるものならばそれでもいいという価値観だってあります。

もちろん、否定はしませんよ。

没個性化して生きるのがいいと思うのなら、知ることをやめればいいんですからね。それに代わるだけの没頭できるものがあれば、その頂点に立てばいいだけ。没頭できるものも見つけられずに、ただただ流されて生きるのがよければ、それはそれです。

生きていれば知りたくないことも、関わりたくないこともあります。でも、その先にあるかもしれない高みを知るために、もっと学ぶのも悪くないもんですよ。

明日もそんな一日になりますように!

以上、スギでした。