スギ(@sugi_pallat)です。

私の世代でもある40代、いわゆるアラフォー世代の中から「今の仕事をやめて転職しようと考えるんです」とか「独立起業ってどうなんでしょう」という相談を持ちかけられることがあります。

その相談をされる方ひとりひとりの環境が、若い頃のそれとは大きく違う世代に差し掛かってきたときに、さらなる人生の大英断をしようとする原動力はどこにあるのか。そしてその判断をするために意識しておいたほうがいいだろうということを、今まで受けた相談の中から感じる共通点を書き出してみることにします。

40代を前に転職を考えているあなたへ、決してマインドブロックのつもりでは書いていませんからね。

スポンサーリンク

40代会社員が「仕事を辞めたい」と言い出したときに読んで欲しい記事。きれいごとでも演技でも、まずはあなたをどう見せるかが課題。

1)アラフォー世代の転職は、即戦力こそが強み

かつての転職市場、中途採用市場は「35歳寿命説」というのがまことしやかにささやかれていました。しかし、現在は前職やそれまでに積み上げられてきたスキルを評価して「即戦力」になる人材であれば、35歳はおろか、50代でも十分に活躍の場はあります。私の身近でも、50代なかばを過ぎたいまでも、転職ごとにキャリアを伸ばしている方は少なくありません。

実際に求人をしている側、経営層から話を聴いてみると「前職のキャリアを十分に評価した上で、新しく勤務する企業が抱える問題点や改善点を見出して、スピード感を持って対応できる人材を」と聞く機会は本当に多いのです。

つまり、わかりやすくひとことで言うと「即戦力」なんですよね。そして、その即戦力には「行動力」も必要です。ドラクエでいうところ「ちから」と「すばやさ」のステータスが求められます。

このあたりのステータスは、20代ではなかなか育たないところです。

2)素直さはいくつになっても忘れてはいけない

転職してきて、即戦力化が期待される人材であっても忘れてはいけないのが「素直であること」なんですよね。

これも先述の経営者の方から伺ったことで、「40代になって転職してくると、どうしても以前の会社のやり方や価値観をひきずってしまいがち。それだとその会社で実力を発揮できないどころか、一緒に仕事をする新しいメンバーに受け入れてもらえないんだ」というのは印象的でした。

新しい環境のメンバーに受け入れてもらえないということは、発揮したい実力を活かせないということだけではなくて、どんなに努力しても認めてもらえない、一緒になって仕事をするための力を貸してもらえないということですからね。

素直さがどれだけ大切なことか、『素直な人がお金持ちになる』って、こういうところからでもわかります。

3)異なる世代のハブになれ

40代といえば、新入社員になって間もない、人生経験があなたの半分程度の20代メンバーや、逆に人生の大先輩にもあたる年長者の方々とのはざまで実力を発揮していく年代ですよね。

あなた自身にも仕事の重責だけではなくて、家庭や子育て、地域コミュニティの関わり、それに親の介護といった課題が公私共に降り掛かってくるとなると、すり減らす神経もこれまでも比ではなくなってくるはずです。

仕事を変えて生活の環境を変えたつもりが、私生活の環境が思いがけないできごとによってさらに想像を絶するステージに移動してしまうということだって起こりえます。年令を重ねると、人間関係も変わってくるなかで今生の別れを迎えるということも増えてくるわけで。

そういった、まさに仕事だけではなく、私生活でのできごとをすべて受け止めながらにして、後進の若い世代に道を示す存在であり、人生の先を行く先輩の後ろ姿を支える存在であり、そういった柔軟性と多様性のきめ細やかな対応が求められるのも、40代の役割だったりします。

会社としては仕事ができる人を高く評価するのは当然として、仕事ができる人と高く評価されるためには、関わる方に対して人間味のある関わりかたができてこそなんぼ、というものでもあります。

さいごに:個別スキルは、あくまでも個別のもの。基本はこの3つ。

この3つのことを基本として考えて、あとはそれぞれのスキルについて見直しをしながら転職に向けたアドバイスを個別にさせていただいています。

上っ面だけのきれいごとと取られるかもしれませんが、たとえそのきれいごとを演技でもできなければ、転職なんて考えないほうがいいですよ。それだけ心の余裕がないということの裏返しでもありますからね。

転職をするときには、心に余裕をもって冷静になりつつも、人生を賭する覚悟を決めた熱い意思決定が必要ですよ。

以上、スギでした。