スギ(@sugi_pallat)です。

切磋琢磨して成長し合える関係性を考えると、そのときに大切な存在ってあなたのことを認めてくれる人なんですよね。

そこで、今日のひとことはこちら。

スポンサーリンク

[今日のひとこと]あなたの短所を攻めるのが敵。あなたの長所を認めるのがライバル。[006]

短所って、だいたいにおいて自覚しているじゃないですか。自分自身が苦手としていること、ちょっとうまくできないなということは、改善しようと努力をしているにしても、なかなか結果を出せないことだってあるわけで。

でも、その点をあげつらうかのように攻撃的に、高圧的に指摘してくる人がいると、なにを言われても耳に入りませんよね。むしろ、その人が言うことのすべてを拒絶するようになってしまいます。

言ってしまえば「敵」ですよ、あなたのことをつぶそうとするね。

敵は排除し、ライバルとはともに成長する

「敵」は排除するか駆逐するかで環境は変わります。敵前逃亡ということばもありますが、勇気ある撤退という解釈もあります。すなわち、「敵」という存在は消したほうがいい。

では一方で、あなたの長所を認めてくれる存在もあります。

人間の心理や本質として、他人の長所や抜きん出たところを認めるというのは簡単にできるものではないんですよね。ねたみやそねみ、いわゆる嫉妬をしてしまうものです。

しかし、そういうことを意に介さずに、素直に「すごいことはすごい」と褒めてくださる方というのは、あなたにとって実は脅威なんです。それは、あなたの長所を認める心の余裕が備わっていて、そしてその心の余裕というのはその人にとってはさらに成長するための余白としても介在しているんですよね。

あなたのことを褒めてくださる方は、それだけ心にゆとりがあって、さらに成長の兆しがあるということ。

その方に褒めてもらえたことを素直に受け入れて、その方の力を借りつつ自らも成長するヒントを手にするようにしてみてください。

スギ
ライバルとは競争相手。ともに切磋琢磨する相手ということです!

明日もそんな一日になりますように!

以上、スギでした。