スギ(@sugi_pallat)です。

あなたのお仕事や会社のことをブログで発信するときに、心がけていることってありますか?

せっかく発信している情報だし、それをみてからあなたの仕事や会社について興味を持ってもらいたいと、日々のブログ更新を心がけていますよね。でも、役に立つ記事ばかり書いていても、そこに人間味がなければただの「行きずりブログ」になってしまうことも・・・!

そこで、「こんなに中身のある記事を書いている私は、こんな人なんですよ!」という自己開示をブログ記事のなかに盛り込むと、集客につながりやすくなって、そこからやってきてくださった方は長いおつきあいになることだってあるんです。

さあ、今回はそんな自己開示とブログ集客を連携させた記事の書き方をお知らせします!

スギ
これだけで3万円分の価値がありますよ!!
スポンサーリンク

あなたをもっと知る自己開示記事が、集客につながる3つのステップをご紹介!

まず、前提として覚えておいていただきたいのが、「ブログにやって来る方の多くは、悩みや困りごとを解決するために検索してやってきた」ということ。

あなたのことを知っていて、いきなりブログに直接アクセスするなんてことは、有名人か芸能人でない限りはありえないですからね。

そうやってたどりついたブログを読んで、その方の悩みや困りごとが解決すれば、今度は「このブログを書いた人ってどんな人なんだろう」っていう興味につながります。

そこで今回ご紹介する「自己開示」記事の書き方を使えば、より人間味あふれるブログになって、

あなたから商品を買いたいです!!

って言ってもらえるようにさえなりますからね!

こちらからお願いをしなくても売れる集客が、自己開示のポイントですし、大きなメリットなんです!

とはいえ、自己開示って深く考えるとなにを伝えればいいのかってわからなくなるもの。でも、きっかけと応用のしかただけで記事は書けるし、さらに

スギ
あ、私ってこんなこと考えてるんだ

って自分の書いた記事から発見だってありますからね。これぞブログの醍醐味!

さあ、3つのステップをご紹介していきましょう!

1)あなたのアンテナにひっかかる話題やニュースを見つける

まずは、あなたのことを伝える前に、そのきっかけになる話題やニュースを探し出します。言ってしまえば「ネタ探し」ですね。

ここでピックアップするネタは、身の回りにゴロゴロしています。というよりも、ある程度のブログ記事を量産するブロガーだったら、どんなささいなことも記事にしてしまうくらいにはあなたアンテナの精度が高いはず!

たとえば、こんなところにネタってありますよ。

  • おうちでのできごと
  • 新聞や雑誌の記事
  • Yahoo!のトップページ
  • ふだん歩かないところを歩いたときの気づき
  • コンビニの新商品

これ、私がふだん意識している何気ないけれども何かあるんじゃないかな?というポイントです。

ここでは「コンビニの新商品」からひとつ探し出してみましょうか。

ちょうど記事にしたばかりの

これについて書いてみましょうか。

2)見つけた話題やニュースをもとに誰になにを伝えたいのかを決める

話題やニュースを見つけたら、今度はそれを『誰に伝えたいのか?』を考えます。大切なのは、ここで考える『伝えたい人』はある特定のひとりの人ということ。そう、いわゆるペルソナってやつですね。

特定の人に向けて書くと、読む側も「あ、私のことかな?」というふうに読み込んでくれるので共感性を呼びやすいんですよね。

では、進めていきましょう。

今回は、さきほどの吹き出しイラストで出てくださった女性に向けて書くこととします。

え、私?

はい、そうです。そして、彼女のことを「26歳、社会人4年目の営業職。日々外回りが多くて、帰宅するときはいつもヘトヘト、食べることが大好きで、コンビニの新商品を見るのが楽しみなタバタさんなんて設定してみます。

タバタ
はい、タバタです!

そして次に、タバタさんに伝えたいことを考えます。ここで伝えることは「ティラミスわらびもちっていうアイスがあるんだよ!」ということではないんです。

この「ティラミスわらびもち」が、タバタさんにとってこんなにいいメリットがありますよ!ということをプレゼンする気持ちで紹介していくんですね。

さきほどの記事の中で私は、『ごほうびスイーツ』というワードを意識的に散りばめました。忙しい仕事を終えてうちに帰る途中、立ち寄ったコンビニで見かけた新商品のアイスを食べて、明日もお仕事頑張ってください!ってエールを送る気持ちになってみましょう。

では、次です。

3)どうしてそれを伝える必要があるのかを考える

頑張るタバタさんに『ごほうびスイーツ』で元気になってほしいな、明日もお仕事頑張ってほしいな、と思うにはその動機、伝える必要性があるはずですよね。

26歳、社会人4年目のタバタさんに対して何かしらの想いがあるはずですよね。それを浮き彫りにします。

実はペルソナで設定したタバタさんは、あなたの会社の部下だとしましょう。

いつも遅くまで仕事をしていて、熱心に取り組んでいる様子は会社の誰もが認める頑張りやさん。もちろん無理を押してまで仕事をしている彼女に、上司のあなたは彼女が食べることが好きで、コンビニの新商品が好きだということを知っている。無機質に頑張れというよりも、おいしいものの情報を教えてあげて喜んでくれるといいな、よし、今度買ってきてみようか。これからも応援したいしな。

そんなふうに考えて、タバタさんにこれからも期待しているというエールを込めるつもりで、彼女に向けてメッセージを送りましょう。それがあなたの自己開示をした記事になるということです。

こんなかんじでどうでしょう?

いつもコンビニに足を運んで、新商品を見つけてはどんなものかなって気にしているんだよね。

今週も「ティラミスわらびもち」っていうアイスを見つけてね。ふつうのアイスよりもちょっと高いけど、パッケージを見てもおいしそうだったし、頑張ったときに食べるにはもってこいのイメージだったよ。そう、「ごほうびスイーツ」ってやつだね。

タバタさんはいつも遅くまで仕事を頑張ってくれているし、日ごろの外回りも積極的にしてくれているからお客さまからの評判も高いし、なにより会社のみんなも応援してくれているよ。でも、あまり頑張りすぎると疲れるだろう。おいしいものが好きなのも知っているし、仕事帰りにでもそのアイスを買って帰って、元気に明日も頑張ってな。

ん? 情報だけかって? そんなことないよ、冷凍庫の中にあるから持って帰れよ。

こんな上司がいたらほれてまうやろー。

タバタ
スギさん、ありがとう!

・・・いや、その、私がいつもこんな上司であるように務めているかといえば、そうであるようなそうではないような・・・。

なんてところもまた、自己開示記事を書くときの心模様だったりします。

スギ
ここまで書いて、最後にテレてきた

こんな感じで、特定のあの人に向けた記事を書いてあなたの人間味あふれる姿をドーンとアピールしてみてください。

私もときにはこのブログにそんな自己開示記事を混ぜ込んでいきますので、「お?誰に向けて書いてるんだ?」なんて思いながら読んでみるのもまた楽しいかもしれませんよ!

最後に復習です、自己開示記事を書くための3つのポイント!

1)あなたのアンテナにひっかかる話題やニュースを見つける
2)見つけた話題やニュースをもとに誰になにを伝えたいのかを決める
3)どうしてそれを伝える必要があるのかを考える

さあ、書いてみましょう!

以上、スギでした。