スギ(@sugi_pallat)です。

何気ない日常をこれといって意識することなく過ごしていると、その水準が「当たり前のレベル」になりますよね。

そんな暮らしを続けているとどうなるか、考えたことってありますか?

スポンサーリンク

[今日のひとこと]『当たり前のレベル』を高める努力が、新しい環境を教えてくれる。[002]

平凡な日々って、「ああ今日も無事に終わったな」という日々なんですよね。もちろん、毎日がジェットコースターに乗っているような起伏の激しいできごとの連続だと、それだけで疲れてしまうので何気ない一日が本当にありがたいと思う気持ちはよくわかります。

私だってそういう日が理想です。

でも、一日が終わったときに「無事に終わったな」と感じるその瞬間、昨日と同じ一日だったのか、それともちょっとでも背伸びをしたできごとを達成して「無事に終わったな」と感じるのとでは雲泥の差。

そう、「ちょっとでも新しいことをしよう」と意識のレベルを高くしているかどうかだけで、一日の過ごし方とその結果ってかんたんに変わっちゃうんですよね。

『当たり前のレベル』って、無意識、習慣のこと

つまり、目標や課題を設定せずに暮らす日々が当たり前になっていれば、それがその人の『当たり前のレベル』だし、きょうはこんなふうに過ごそう、きょうはこのタスクを完了させようと計画的に臨めば、それが『当たり前のレベル』なんです。

『当たり前のレベル』とは、いうなれば「あなたが意識していなくても自然と対応しているできごとや習慣、時間の使い方」のこと。もっとざっくり言えば「無意識」なんです。

「無意識」でできることのレベルを高めるのは、意識して行動すること。

意識して行動するためには、計画や目標が必要ですよね。

2018年は始まったけれどもまだまだ1月、今からでも無意識のレベルを高める努力を習慣化するのは遅くないですよ!

ひとつでも今日よりうまくいったことが増える日が続きますように、そういったこともたくさんお伝えしていきます。

明日もそんな一日になりますように!

以上、スギでした。

スポンサーリンク