スギ(@sugi_pallat)です。

今年もたくさんの年賀はがきをいただきました。

差し出し枚数が減少しているとは言え、私自身に宛てられた1枚というのは本当にありがたいものです。

Yahoo!のトップページに、郵便料金の値上げが発表されたというニュースを見かけました。急いで日本郵便のサイトにアクセスして、プレスリリースも確認しました。参考郵...

さて、1月14日にお年玉付き年賀はがきの当選番号が抽選されました。私もいただいた50枚あまりの年賀はがきを確認しました。

ここに2018年の当選番号をお知らせするとともに、短時間で当選かどうかを調べる方法をお知らせしますね。

スポンサーリンク

お年玉付き年賀はがき当選番号!当選をあっという間に調べる方法もお知らせします。

2018年の当選番号

賞品 番号
1等 セレクトギフト
または 現金10万円
784640
2等 ふるさと小包など (下4桁)3260
3等 お年玉切手シート (下2桁)27
3等 お年玉切手シート (下2桁)86

(出典:お年玉賞品のご案内 – 日本郵便)

こちらが2018年のお年玉付き年賀はがきの当選結果です。

当選なさいましたか?

私は残念ながら切手シートも当選していませんでした。50枚のはがきを当選しているかどうかを1分30秒で確認した結果は残念なものでしたが、いただいたはがきは大切なものですからね。

ところで、50枚の年賀はがきを当選しているかどうかを1分30秒で確認できる方法ってすごくないですか?

せっかくなので、この手順についてもお伝えしておきますね。

お年玉付き年賀はがきの当選をあっという間に調べる方法

1)番号の下2桁で10通りに区分する

まずは、番号を見て「00〜09」「10〜19」「20〜29」「30〜39」「40〜49」「50〜59」「60〜69」「70〜79」「80〜89」「90〜99」と10通りに区分けします。

この区分けをしておくだけでも格段とチェックする時間が減りますし、この作業は当選番号の抽選前にあらかじめ準備できることです。

これをしておくだけでも、作業時間はぐっと減りますよ。

2)各等級の下2桁に該当する区分のはがきを調べる(切手シートから)

10通りの区分わけをしたら、当選番号を確認します。

たとえば3等の切手シートが下2桁を参照するので、「27」と「86」という当選番号になっているので、「20〜29」と「80〜89」の束を参照するという流れですね。

3)1等、2等も該当する下2桁の区分をチェックする

2等のふるさと小包下2桁から「60」を、1等は「40」を参照するようにしてチェックすれば、たちどころにすべての当選を確認できるということです。

まずは切手シートを確認して、その後にふるさと小包や現金10万円というふうにすれば、楽しみも増していきますからね。

さいごに:交換は2018年7月17日まで!

こうやって当選を確認できたら、急いで郵便局にもっていきましょうね。

今年の交換は7月17日(火)までです。

以上、スギでした。