スギ(@sugi_pallat)です。

新年あけましておめでとうございます。

今年もすぎたにひでのり、ブログ「スギぱら」、そして個人活動ユニット「ぱらっとワークス」をよろしくお願いいたします。

2018年は、JR可部線の緑井駅で電車から降りた瞬間に迎えました。

直前まで乗っていた電車の車内で考えていた、2018年の方針をまとめてみます。

スポンサーリンク

2018年テーマは「動」。行動を見直して、動かなければなにも得られないことを悟って成長につなげる年にします。

2017年は最後にどん底まで落ちました。

2017年、私の後厄は終わりました。

厄払いにもいかず、己の力を信じて活動していた昨年は、特に9月に入ってから坂道を転がり落ちるような精神状態に追い込まれていきました。

9月には原付に乗っていたときに転倒事故を起こし、10月には自家用車を運転中に鹿をはねるという事故に遭遇。そして、ブログやSNSでは詳細を書いていない、12月18日にもまたバイクで転倒して骨折や頚椎打撲などそれなりの傷を負うという、肉体的にも精神的にも散々な日々が続きました。

内観すればするほどに、しかるべき医院にかかれば病名をつけられること間違いなしな精神状態にあったともいえます。

では今はその状態から脱しているのかと言えば、必ずしもそうではないのですが、しかし昨年末の己の姿から脱するためには、まずは動くことをしなければと決意するわけです。

今年のテーマは「動」。

アラフォーもそこそこに6月には43歳となる今年、若い人たちのように向こう見ずに行動できることをうらやましく思える一方で、この年だから持てる知識をベースに活動していくことを考えています。

昨年、いくつかお声をかけていただいて活動していた飲食業のアドバイザリー活動は今年も続けていきますし、表向きには活動していなかった読書家としての部分もより露出を高めていきます。

当然、このブログも昨年以上に内容を濃くして食べること、働くこと、読むことをアプローチしていき、読んでくださるあなたに共感してもらえる記事を増やしていきます。

そして、今年は「語る・しゃべる」ことにも力を入れていきます。

本の書評を動画でおこなうということを続けていますが、これに加えてラジオパーソナリティ要素を増やします。

こうやって活動の幅を広げていき、動きのある2018年をデザインしていきます。

行動の先にある思考はどこに向かっているのか

『情報発信をしなければ、存在していないに等しい』というのはかねてから言っていることです。

ブログでもSNSでも、発信しなければ注目もしてもらえない、つまりは誰にも気づいてもらえないということです。

こうやって行動すること、しかも露出媒体を増やしていくことで新しいメディアを創造していきたいと考えています。

最近、SNSを控えめにしているのは、発信媒体を可能な限りオウンドメディアに集約していきたいと考えているからなんですね。

それを通じて気づいてもらえるコンテンツの持つアドバンテージが、私の持つスキルと融合することをデザインして、そのために行動し活動することが2018年の私です。

年末を迎えるタイミングでは、ブログや音声などのオウンドメディアから次のステップに上がっている私がいると信じています。

応援、よろしくお願いします。

以上、スギでした。