日常

iPhone Xをさわってみて、購入見送りを決定づけた理由をお知らせします。[スギコラム]

投稿日:2017年11月5日 更新日:

日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

2017年11月5日は、こんなお話です。

iPhone Xをさわってみて、購入見送りを決定づけた理由をお知らせします。[スギコラム]

スギ(@sugi_pallat)です。

9月13日のAppleスペシャルイベントでその姿を現した「iPhone X」がいよいよリリースされましたね。

きょう1日でFacebookの友だちが1人、オーダー待ちのスタバで1人、すでに手にしている方を見かけました。

それに触発されて、携帯電話ショップに足を運んで実機を触ってみて、液晶の美しさに思わず「おお・・・」と声を上げてきました。

お店の方に「説明しましょうか?」と話しかけられたときには恥ずかしくなって、「いえ、大丈夫です」と声小さに伝えて逃げるように帰ってきたのはここだけの話です。

とはいえ、そんなApple大好きっ子の私はリアルタイムでスペシャルイベントを眺めていたそのとき、すでに「iPhone Xの購入は見送りだな」と決定づけていたんですね。

きょう、実機をさわった感想とスペシャルイベントを視聴しながら感じたことを振り返って、見送りを決断して正解だったと思う理由を挙げてみます。

1)美しい液晶表示に心奪われるも

言ってしまえばそれまでです。

有機ELの緻密な描写は、目を凝らしてみたときにこれまでのディスプレイとの差が歴然とわかるほどに高性能だということを知らしめています。

画面切り替えが頻繁に行われるような動画には残像が少なく、自然風景の画像などは息を飲む美しさがそこに広がります。

とはいえ、そこに興味がなければ、急いで手にする必要はないです。

私がスマホに求めているのは、今のところ美しい映像ではなくて、常に情報発信をするための環境と、それをプッシュするための素材となる写真や動画を撮影してくれるデバイスですから、液晶表示に関しては今の時点ではオーバースペックです。

2)手持ちの「iPhone 7 Plus」はまだまだ現役!

先ほどの話に続きます。

昨年購入した「iPhone 7 Plus」はカメラの性能もよく、ブログ映えする写真をたくさん残してくれています。

インストールしているアプリで処理速度の問題などで困っているという点もほとんどなく、今のままだと少なくともあと1年、引っ張ってもさらにもう1年は使用できる見込みがあるんですね。

先述したFacebookの友人はiPhone6からiPhone Xへの機種変更だったので、このスパンであれば機種変更はアリだと考えますが、iPhone 7 Plusユーザーの私は見送りです。

3)急いで買い換えないのならば、Macを買ったほうがいい

iPhone X をApple Storeで購入した場合、64GBで112,800円(税別)、128GBで129,800円(税別)のお値段です。

この価格、言ってしまえばMacBook Airの上位容量モデルとほぼ同額なんですよね。

だとすれば、私のように手持ちのiPhoneで大きな問題を抱えていないようであれば、もう少し投資してMacBook Proか、iMacの4Kモデルを購入するほうがいいでしょうね。

そうなると理想の判断は「MacBook Pro」でしょう。

Touch Barは別にいらないし。

さいごに:買いたい人が買えばいい。

日々、Apple製品にまみれて暮らしている私の考察は以上です。

デバイスに対する投資については、その方のポジションや使い方によっては糸目をつけないほうがいい場合もあります。

つまりそれは「買いたい人が買えばいい」ということ。

今回の私は買いたいと思うタイミングではなかったということです。

いずれiPhone Xの後継機種がリリースされたら自然にスライドしていくことでしょうが、まずは様子見といきます。

以上、スギでした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-日常
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.