日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

2017年10月19日は、こんなお話です。

スポンサーリンク

個人が経営するお店の近くに、大手が進出してきたらどうするか。[スギコラム]

スギ(@sugi_pallat)です。

たとえば、個人で営んでいる飲食店のとなりに、大手チェーン店が出店してきたとします。

資本力を軸として、メニュー開発や広告宣伝に投じることのできるリソースには圧倒的な大差がありますよね。

商売をする以上、利益を確保することはなにより重要で、無計画に値下げやクーポンの乱発をしてしまうと一瞬で息の根が止まります。

かといって、ふてくされてなにもしないとゆるやかに下降傾向に入っていき、いずれは同じ末路をたどることになります。

さて、こういうときに個人店はどういう心構えをすればいいでしょうか。

あきらめてください

まず大切なことは、「真っ向勝負することをあきらめる」こと。

資本力に差がある以上、行動できること、判断できる内容の大きさには限界があります。

資本を使わなくてもある程度の経営戦略や行動計画を立てることができるとして、ではそこでできることは何かをひたすらに考えていくことです。

もちろん、資本ゼロで立ち向かおうとすると課題解決までの時間は長くかかってしまうので、ある程度の投資は必要になります。

では資本をどこに投じて、どういう成果を求めればオッケーとするか、このあたりが仮説としてたくさん準備した上で、実際の行動に落とし込んで成果を評価していく、このスピードの速さ、回転力が大手との差になってきます。

端的にいえば意思決定のスピード感、PDCAの精度がその後の進退を決めていきますからね。

以上、スギでした。

スポンサーリンク