日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

2017年10月15日は、こんなお話です。

スポンサーリンク

人手不足か人材不足か。リソースに求めるものを正しく見積もらないと、時間とカネでは解決できないこともある。[スギコラム]

スギ(@sugi_pallat)です。

「スギさん、働いてくれる人ってどこにいるんですかねえ・・・」

行きつけの飲食店で、店主とこんな話になりました。

飲食店に限らず、様々な業種、業態で慢性的な人材不足に悩まされていて・・・などということを今さらここで書くつもりもないですが、あちらこちらのお店で食事をする私とて、求人広告の出ていないお店に遭遇するのは稀です。

そういうときによく言うのが、「お店として求めているのは人手か人材か」ということ。

ここを明確にしておかないと、あとあと困ることになるんですよね。

お店を切り盛りするための人員が必要なら、人出として勤めてくださる方にぜひお願いすればいいのですが、それに加えてちょっとした管理や片腕としてお願いすることがあるならば、それなりの人材である必要がありますよね。

ここを募集をするなり面接をするなりで明確にしておかないと、双方のミスマッチになって「期待していた仕事をしてくれなかった」とか「このお店で働くんじゃなかった」みたいなことになりかねません。

せっかくご縁をつくるために行動したことが、そういうことで評判を落とすということもあると聞きますからね。

求人広告を打ち出すにはコストがかかります。

面接をするためには営業の合間を縫っておこなうなりの時間を費やします。

それは面接を受けに来てくださる側だって同じこと。

お互いの言い分に相違がないように、お店側は働きたいと来てくださる方に求めるものをはっきりとさせておきましょうね。

実はこうすることが、働きたいと考えている方の意識に訴えかけていきます。

せっかく働こうと思ったお店で、その方も時間を過ごして仕事をして給料をもらうだけで満足するのはすぐにやってきます。

その先にあるのは、「この店で働いてよかった」と思ってもらえる仕組みや体験ですからね。

ここを考えるのが難しいけれど、でもきちんと訴えられたら反応があることも間違いないですよ。

以上、スギでした。

スポンサーリンク