日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

2017年9月23日は、こんなお話です。

スポンサーリンク

目の前のペッパーくんは、あなたの仕事を奪う存在になりやしないか。[スギコラム]

スギ(@sugi_pallat)です。

昨夜、「はま寿司」に行ったんです。

ちょっと夜遅い時間ということで、店内は空席も目立つ時間帯ではあったのですが、それでも店員に「受付をしてくださいね」と進められたのです。

このペッパーくんで。

かつては人間の役目だった業務を、ロボットがこなす時代です。

一部の都市銀行では、このようにペッパーくんが受付対応をしているところもあるのですが、回転寿司で見せつけられるといよいよそういう時代に突入したのかと阿鼻叫喚することは言うまでもないですよね。

ネットニュースなどで定期的に話題になる「ロボットや機械に置き換えられる仕事」というのがありますが、人材難が叫ばれる多くの業種業態でこのような動きが活発化してくると、少なからず人間がロボットの支配下におかれているということを認識せざるを得なくなるのは間違いないですね。

それをエンターテイメントと取るか、働き方改革と解釈するか、悩ましい問題です。

しかし、現実はここにあります。