日々の暮らしを振り返って。

きょう出会ったあなたやできごとへのメッセージをお伝えするスギコラム。

今夜は、こんなテーマです。

スポンサーリンク

「花の名」の歌詞から感じたことに、行動につながる源泉をしる。[スギコラム2017.0823]

BUMP OF CHICKENが歌う「花の名」という曲があります。

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の主題歌にもなった曲です。

歌詞の解釈には人それぞれあると承知の上で、私は「たくさん咲き乱れている花の中から選んだ、可憐に咲く1輪の花(パートナー)を大切に想うよ」というのが大意だと感じています。

そんなこの曲の歌詞に、こんなフレーズがあります。

一緒に見た空を忘れても 一緒にいたことは忘れない

(「花の名」BUMP OF CHICKEN)

珍しくきょうの夕方、家族3人で一緒に過ごす瞬間がありました。

自宅の部屋から見上げた夕焼けがなんだかきれいで、思わず「見てごらんよ」と妻と娘に声をかけて、親子3人が顔を揃えて空をみあげていました。

日々、仕事で忙しくしている両親が揃っていて、そこに娘がいる時間は我が家にとっては意外と珍しい瞬間だったのです。

見上げた空は確かに幻想的で、夏の夕暮れを思わせるような神秘的な空でした。でも、きっとそんな空の様子なんて寝て起きたら忘れているもの。

それよりも、こうやって家族が揃って過ごす時間があったということ、それを大切にすることと、その時間をもっと増やすことができるように行動することが、一家の主としてあるべき姿、叶えたい夢なんだということを感じたのでした。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

行動につながるすべての源泉は、まずは「感じる」ことにあります。

スポンサーリンク