情報発信 おでかけ情報

#ビジネスTwitter をあなどるな!改めてビジネスで活きるTwitterの凄さを勉強しました。Jimdoもビジネスパートナーになりうる存在![2017.0728]

投稿日:

Twitterは2007年4月から使っているスギ(@sugi_pallat)です!

2017年7月28日、Twitter Japan主催「Twitterビジネス活用セミナー with Jimdo」に参加してきました。

Twitter歴は10年、Jimdoはときどき隠しサイトをつくるときにお世話になっている私にとって、これらのお話を合わせて聞くことができるセミナーは興味津々でした。今回はそのまとめをお伝えします。

セミナーの内容は、ブログに詳細をお伝えすることはできません。あくまでも概要、ヒントとしてお伝えしますが、参加された方には「ああ、そうそう!」という気づきになれば幸いです。

#ビジネスTwitter をあなどるな!改めてビジネスで活きるTwitterの凄さを勉強しました。Jimdoもビジネスパートナーになりうる存在!

会場は、いつもお世話になっている「いいオフィス広島」でした。

「いいオフィス広島」は、LIG運営のおしゃれコワーキングスペース!hitotoでナレッジワークに磨きをかけよう!
2017年5月1日、広島市中区東千田町の広島大学跡地にある「hitoto広島」のhitotoナレッジスクエアに、株式会社LIGが運営するコワーキングスペース、シェアオフィスの「い...

会場はほぼ満席、みなさん集中して聞いていらっしゃいましたよ。

今回のセミナーは、KDDIウェブコミュニケーションズの長嶋亜紀さん(@akigonn)によるJimdoパートと、Twitter Japanの森田謙太郎さん(@motaro)によるTwitterのビジネス活用についてのテーマとの2部構成でした。それぞれが約1時間ちょっとのパートだったにも関わらず、その内容はめちゃめちゃ濃いもので、あらためてこのサービスのスゴさを再確認しました。

特にTwitterはインフルエンサーとしての底力をナメちゃいけない!!

Jimdoをつかって1日で始める簡単ウェブ作成&集客

まずは長嶋さんのパートを振り返ります。

Jimdoという、簡単にウェブページを作成できるサービスがあるんですね。1,000,000サイトを越える実績の67%がビジネス利用だと言われています。

感覚的にテキストや図形を配置することでかんたんにサイトをつくることができるとあって、1ユーザーでサイトを多く所有されている方もあれば、有名人・著名人も公式サイトに利用されたりと幅広いニーズがあります。

とはいえ、そもそもホームページとビジネスとはどういう関係にあるのが望ましいか、その点を長嶋さんがお話されました。

「まずはホームページ」の時代ではない

多様化する検索方法で、あいまいな情報をきっかけに最終的にホームページへとたどりついてもらったときに、ホームページは威力を発揮します。

なんとなく知った事柄を正しく知ろうとして、その結果として有用性の高いきちんとしたサイトがあれば、サイト訪問者が受けるベネフィットが大きくなります。

そのためにも、「とりあえずホームページを作った」とか「なんとなくやっている」だと、大切なお客様に十分な情報をお届けできていないことになるんですね。

行動させる情報を置く

つまり、わざわざホームページに来ていただいた方に、「あ、ここのホームページにあるこれを買いたいんだよね!」などとアクションを起こしてもらうことが、本来のホームページのあり方ですよね。

飲食店だったら「このメニューがおいしそうだから食べに行こう」「きょうは定休日なんだ」ということがきちんと伝えられていて、それをお客様に受け取ってもらえるように情報を提供できていることが大切になります。

「行動に移す」をつくる

そのためにも、せっかくつくったホームページは、どんな目的で運営するのか、それを見てもらう方はどんな方なのか、そのための情報はきちんとまとめられているのかが重要になります。

結局それは、お客様になるであろうホームページの閲覧者に「行動してもらう」ルートをつくることに他ならないんですよね。

繰り返して長嶋さんがおっしゃるのは「ホームページはつくることが目的ではなくて、成果を上げること、お客様に行動してもらうことが重要」という点。

そりゃそうですよね、儲けにつながらないビジネスホームページなんて、自己満足以外のナニモノでもないんですから。

そういった点をフォローできていれば、Jimdoをつかえばたちどころにホームページをつくることができますよというお話でした。

Twitterビジネス活用セミナー

つづいてのTwitterビジネス活用セミナーは、こんなツイートをされた森田謙太郎さんが講師でした。

さすがツイッターの中の人・・・というわけではなく、本当にプライベートのできごとをツイートしたら、こんな感じにふぁぼったそうです。

さて、もともとは違うメディア業界にお勤めだった森田さんがツイッターに魅せられて転職されたきっかけは、まさにツイッターをビジネス活用することにおもしろみを感じられたからだそう。

そんな森田さんがおっしゃったことは、詳細の説明は省くことにしましょう。トピックスで感じていただければ。

ビジネスに誘導したいならハッシュタグは使わない!

同じクラスタの内容をアピールするのに、どうしてもハッシュタグを使いたくなるもの。でも、ハッシュタグはいわば外部リンクですから、そんなものを仕込んでいたら本来来てもらいたいサイトへの誘導は困難になりますよね。

というわけで、ビジネス活用するツイッターでは、ハッシュタグのご利用は計画的に!

ポイントは「1行目」「投票」「動画」

140文字の世界で、ツイートだけで心を奪おうと思ったらどんなテクニックがあるでしょう。

叙情的なツイートよりも、1行目にパンチのあるメッセージを、そして動画で興味をひきつけたり、投票システムで「おっ?」と思わせることがツイートやアカウントに興味を持ってもらうためのテクニックです。

ツイッターはリアルな検索ツール

実際にツイートしているのは若い世代かもしれないですが、実は広い世代が利用しているんですね。ではツイートしていない人は何をしているのかと言えば「検索」しているんです。

それもリアルタイム、目の前で起こっていることでさえも検索するときに、さてビジネスとどのようにリンクさせることができるのか。ここにビジネス活用させるためのツイッター利用法が生まれてきます。

まとめ:情報発信にも適材適所がある

結局、SNSはそれぞれに得手不得手、情報の鮮度や伝わり方に違いがあります。それをうまく利用して、正しく理解することでより効果的なウェブマーケティングにつながるんですね。

やぶからぼうに自動化して同じツイートをすることが本当に効果があるのかという話もありました。

つまり、JimdoでもTwitterでもどちらにでも言えることは、「ビジネスの目的と成果をはっきりして、ターゲットに伝わる形で情報発信する」ことがすべてなんですよね。

このセミナーはウェブマーケティング概論としても、本当に秀逸でした!

できたらまた聞きたいくらいです。

長嶋さん、藤田さん、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり)
【エリア】広島県広島市
【どんな人?】
読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。

あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-情報発信, おでかけ情報
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.