人間分析 日常

コーチとして、やめるという意思決定を受け入れられるか。[スギコラム2017.0726]

投稿日:2017年7月26日 更新日:

働きかたのコーチをしていると、ときおり「これまでの道をリセットして、あたらしいことにチャレンジする」という意思決定をする場面に遭遇します。

それまでは、その方が決めた道を進んでいく上での考えられる最善策を導けるように、質問をくりかえして答えを見つけていただくというセッションを繰り返していました。そのなかでの方向転換とも言える意思決定。もちろん、ひとりのコーチが背負える相手の人生の大きさというのは、とてつもなく大きいものです。そのなかでそういう意思決定をされた相手に対して、最大級の賛辞を送りつつも、この道へのナビゲートはどうだったのかと振り返ることだってあります。

誰だって思い描いている夢やミッションを100パーセントのスコアで完遂したいもの。でも、さまざまな要因とぶつかりながら生きていると、思いがけないできごとや出会いだって発生するわけで、それさえも受け入れながらさまざまに考えることというのは、まずは己の信条がどこにあるのかというのをしっかりと確立させておかないといけないんですね、きっと。

コーチとしての信条、コーチに思考信託して自らの道を切り拓くと決めた上での信条。これらのコミュニケーションがあって、いわゆるWin-Winってやつは日の目を見るんでしょうね。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

深夜のカフェでのセッション、きょうのクライアントは世界を変えてくれます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

スギ

【名前】スギ(すぎたに ひでのり) 【エリア】広島県広島市 【どんな人?】 読書家、リーディングファシリテーター、ブロガー、コーチ、心理カウンセラー、経営アドバイザリーを軸にした、セルフブランディング・ナビゲーター。 あなたの「好き」を広める情報発信のお手伝いをしています。

-人間分析, 日常
-

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.