711日が何の日かと言われれば、その人それぞれによって答えは違うもの。当然、私もそうです。記念日だったり、忘れられない日だとしても、うかつに生きていれば過ぎた日のできごとになっていたり、あれは何日だったっけ?という記号のような日常は目の前にあります。

「忘れることができるから人間は幸せに生きることができる」といいます。確かに、すべてのことを記憶しているとどれだけ息苦しくて生きにくい世の中だろうかとヒヤヒヤするものです。だから適当に忘れることは健全だし、忘れたことは思い出していくことで、もっと楽しい人生を描くことができるんだよね、とも感じます。

適当に忘れることで幸せを感じるのは、実は忘れたことも自分の中ではうまく取り込んでいることのひとつで、それらをちょっとずつアレンジしてから良くしていることにあるんです。そこで、忘れたつもりでいることを思い出すのに、昔の記録を読み返したりするのはいわば温故知新ですよね。そうやって知らず知らずのうちに成長しながら、昔はああだったこうだったと語る幸せこそが、忘れるということの良い意味での本質であってほしいと願うものです。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

私がいうのもなんですが、Nintendo Switchはすごく売れているみたいですよ。

スポンサーリンク