お仕事がらみでほぼ毎日、片道30分の道のりを原付で移動しています。往復すると1時間、これってけっこうな時間です。

仕事のための時間なんだからしかたないでしょ?というのは当然なのですが、その移動時間中に何をしたものかというのは、仕事の質を高めるためにものすごく重要だということは言うまでもないこと。つまり、ぼんやり運転しているのか、そうではなくて考え事や町並みの目新しさに意識を寄せながら運転するかで、脳へのインプットと仕事のアウトプットが変わってきますよね、という話です。

ある経営者の方と話をしていて「交通費を支給しなくてもいい仕事は、会社にも働く人にもメリットが有る」ということを聞かされて大きくうなづいたものです。そこはお金もあるんですが、時間というファクターが大きく働いているんですよね。お金と時間ってトレードオフだから。

お金と時間、どちらを先に投資したほうがいいかと言えば、私は時間だと考えています。そうなると、毎日1時間という原付に乗っている時間を投資としてみなすためのあり方も、考え方しだいではとっても有意義な時間になりうるんですよね。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。

1時間あったら・・・と考えるよりも、この1時間をどう使うかと考えるほうが生産的かな。

スポンサーリンク