あらためてFacebookというのは「つながり」を重視したSNSだなあということを実感しました。昨日の私の誕生日には、100名近い方からのコメントやメッセージをちょうだいしまして、そのすべてがFacebookからのものでした。メールやツイッター、ましてインスタグラムからは皆無でしたね。

ブログのみならず、それぞれのSNSがもつ特性を活かして情報の出し方をコントロールしていくと、もちろんそれに呼応するようにいいね!やコメントをいただくという、つまり双方向のコミュニケーションがきちんと取れるということを意識しておくことが大切ですね。

好き勝手な放言をしているアカウントなんて、だいたいノイズとしか受け取られないわけですから、そういう人ってSNSだろうがリアルなおつきあいだろうが、できたらご遠慮願いたいタイプの人となるわけで。

なにかを発するなら、そのなかに想いを乗せることに意味と将来があるって気がしますよ。そこに集まる方々に支えられていると思えば、よくいう「自分のミッション」だとか「好きなことで暮らしていく」のスタートを切ることができるとも信じています。

そういう点でFacebookというのは私にとって、肌の温度を感じられる立ち位置のSNSという思いで使っていくことはこれからも変わりなく、そしてそこから広がる出会いをさらに増幅させていきたいなあと考えています。

きょうも「スギぱら」に来てくださって、ありがとうございます。
SNSとブログがなくなったら、どうやって気持ちを律したらいいんだろう。

2017年6月25日より、毎日20時更新でコラムのようなエッセイのようなものを公開しています。

スポンサーリンク