グルメ・カフェ情報

赤麺 梵天丸 〜 汁なし担々麺専門店の魚介系とんこつラーメンを勧める理由(広島市佐伯区)

投稿日:2017年6月20日 更新日:

「梵天丸」といえば、広島の汁なし担々麺専門店の西の雄といってもいいお店でしょう。

広島市西区大芝にあったかの有名店「四川麻辣商人」で修行をされた店主が出されたお店として、そのころを懐かしく思い出させる風情とメニューが多いお店です。

当然、汁なし担々麺をオススメするのが王道なのですが、今回はとんこつラーメンをオススメします。

赤麺 梵天丸 〜 汁なし担々麺専門店の魚介系とんこつラーメンを勧める理由(広島市佐伯区)

私自身のことを話すと、かつて広島市西区大芝に「四川麻辣商人」があったころ、ちょうどその近所に住んでいました。

妻とよく食べに出かけていて、そのころから慣れ親しんでいた味とルックスから、当時より将来ずっと大切にしたいお店として思っていたものです。

しかし、今ではそのお店はなくなり、私も引っ越しをしてからはその味との出会いに距離をおくこととなったときに「梵天丸」のオープンはとてもうれしく懐かしいものでした。

メニューのラインナップも増えています。とはいえ今回ご紹介する「とんこつラーメン」は、当時は「にぼしラーメン」としてときどき食べることのできるラーメンで、その懐かしさも相まって汁なし担々麺以上に食べたい!と強く思うこともあるのです。

店内に入ってまずは食券を買います。

今回は「魚介系とんこつラーメン」と「ごはん」をオーダー。

ごはんはお代わり自由な上に、自家製ザーサイがついてくるのもかつてのまま。ザーサイの味さえかつてと変わらないほどです。

汁なし担々麺をオーダーしたときには、麺の中に入れてもおいしいザーサイです。

カウンターから眺める厨房は、スタッフのみなさんが手際よく動かれていて、さすが人気店の洗練されたスタッフのみなさんだなあと感じながらラーメンを待ちます。

そして、やってきたのがこちら。

梵天丸「魚介系とんこつラーメン」

白い丼に、具材はチャーシューとねぎだけというシンプルなルックスのラーメンです。

濃厚さをうたっているスープは、口に含むととんこつの甘さとともにふわっと広がる魚介の風味が印象的な味になっています。よくある魚粉でバランスの崩れそうな味とは一線を画した、どちらもうまく引き立たせてある味です。

とろっととろけそうなバラチャーシューも、スープにあう味です。これでごはんもすすんでしまいます。

ぷりぷりシコシコとしたバランスのゆで加減が特徴の麺とスープとの相性もいいんです。食べ進めていくうちに味の変化をと思えば、汁なし担々麺で使うラー油や黒酢を使ってみてください。

特にオススメしたいのがこの黒酢。

あまり酸度が高くないので、ちょっと入れすぎたかな?と思うくらいでは酸っぱくならないのです。むしろ、脂分がさっぱりとする印象の味に変化するのは、スープを最後の一滴まで飲み干すには必須と言ってもいいほどの強力なサポーターです。

汁なし担々麺専門店とはいえ、ベーシックなとんこつラーメンも並み居る強豪に肩を並べるかそれ以上の味を提供されている「梵天丸」の勢いは、これからも目を離せませんよ。

懐かしく、そしていつも新鮮なオドロキのあるお店でした。

ごちそうさまでした!

店舗情報







-グルメ・カフェ情報
-,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.