グルメ・カフェ情報

剛麺 〜 広島市中心部のうどん激戦区で骨太讃岐うどんをいただく(広島市中区)

投稿日:2017年6月12日 更新日:

冷たいかけうどん、すなわちひやひやを食べるために、広島市内でそれを食べることのできるお店を探訪しているきょうこのごろ。

先日の「たかもり」しかり、広島市中心部でうどんを食べる機会とお店はフォーカスすればいくつもみつけることができます。

そこで、少し前からお店の存在は知っていたものの、まだ足を運んでいなかったお店があったことを思い出して行ってきました。

じぞう通りから路地を入ったところにある「剛麺」、今回はこちらをご紹介です。

剛麺 〜 広島市中心部のうどん激戦区で骨太讃岐うどんをいただく(広島市中区)

マンションの1階にあるお店の前には、電飾看板と手書きのメニューボードがお出迎え。

価格はご覧の通り、かけうどん300円からスタートしています。

店内は建物の奥に向かって細長い造りで、テーブル席の間をかいくぐりながらオーダーのために直進します。

天ぷらがリーズナブルな価格で提供されています。ひとつ60円からという安さはついついいくつも手にしてしまいます。

さて、今回私がオーダーしたのは、ひやひや1玉。

そして、鶏天とかぼちゃ天をいただきました。

剛麺「かけうどん、かぼちゃ天、鶏天」

お会計のときにレジのおばちゃんに大葉の天ぷらをサービスしていただきました。

お昼のピークタイムを越えると、かき揚げ天が半額になるなどのサービスも魅力ですね。

左が鶏天、右がかぼちゃ天です。揚げたてではないけれども、衣も中身もボリューム満点のサイドメニューです。

そして、うどんがこちら。

だしの風味はいりこが前面に出てきていて、これこそ讃岐うどんといいたくなる味になっています。

このうどんは、讃岐うどんの極みとしてイメージされる「ずっしり、ごっつい」感をどストレートに貫く麺に仕上げられています。

だしのいりこ感がもう少し強ければ、かの名店「宮武うどん」を思い出させる存在だと感じるほどの味わいです。もちろん、このうどんも十分においしいのです。

そう思えば、お店に入って突き当たりまで歩いていくうちに、壁面に貼られているポスターを眺めていると香川県にトリップした気にさえさせられますね。

ごっつい讃岐うどんを食べたくなったら、また行きます。

ごちそうさまでした!

店舗情報

近隣のうどん店はこちらもぜひ。

手打ちうどん たかもり 〜 創業30年を超えるやわもちうどんの老舗(広島市中区)
知ってます?外食業界において、麺類の需要がもっとも伸びる季節は「夏」なんです。だんだんと日差しがきつくなって、夏の装いがすすむにつれてお昼は冷たくさっぱりと...
小町うどん 〜 ごはん、おかずが食べ放題のうどん店は、抜群のサラメシ候補!(広島市中区)
Facebookの投稿でずっと気になっていたんです。「おかず、ご飯が食べ放題のうどん屋さんがある」って。お店の名前も場所もずいぶん前から知っていたのに、なかなか訪問...







-グルメ・カフェ情報
-,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.