情報発信

毎日、朝と夜にいい感じみたいなことばをつぶやく情報発信の効能について。

投稿日:2017年5月26日 更新日:

毎日午前6時と午後8時に「きょうのおはよう」と「きょうのおやすみ」と題して、格言めいたことを発信しています。

定刻になれば、『毎日のおまじない』というサイトを軸に、ツイッター、Facebookに連携されて発信されていきます。

たとえば、これ。

こういうのも。

毎日、定期的にこういうことを発信していると、さまざまな気づきがあるものです。

今回はそれをフィードバックします。

座右の銘がブラッシュアップされる

誰にも座右の銘はあるものです。

仮にそこまでおおげさでなくても、あなたにとっての耳ざわりの良いことばや言い回しってありますよね。

そういうことばをいくつか持っていれば、それを軸にあたらしいことばをつむぐときに「この言い回しのほうがより自分自身の気持ちを表している!」という表現に出会うものです。

ちなみに私の場合、ここで表現することばを見つけるために日頃の読書やSNSなどの投稿からことばを編んでいます。

毎日、ゼロベースであんなにことばって生めるもんじゃないですからね。

ワンソース・マルチユースでのブランディング

先にも書いたとおり、まずは『毎日のおまじない』というブログで予約投稿を設定しておき、公開されたらIFTTTのレシピに従ってツイッターとFacebookにも投稿されます。

こうやって日々投稿することで、意識してみてくださる方は増えてきて、ときおりその投稿を軸にコメントをいただいたり、ブラッシュアップして別の形で投稿されていらっしゃる方もあります。

そういうふうに使ってくださるのはありがたいですよね。

最終的にはブログに還流する動線であればいいとは考えていますが、あまりアクセス数とか収益を考えて運営はしていません。

あくまでも、そういう発信をしている人だというブランディングのための行動。

最終的には自分自身に還ることば

えらそうに意識高い系を気取ったようなつぶやきを定期的に発信していて、人によっては鼻持ちならないように感じる方もあるでしょう。

そういうときには、SNSだったらリムーブしたりフォロー解除していただければいいわけです。

なぜなら、ああいうふうに書いていながらにしてもっともその言葉に感銘を受けているのは、投稿している本人だからです。

その投稿に出会ってくださった方のインスピレーションにうまく呼応して、ほかの投稿にも興味をもっていただけたら幸いですよね。

そんなふうに考えています。

さいごに:続けるからわかることがある

いろんな形の情報発信があります。

とはいえ、それをいつまでも未来永劫くりかえすものではないとしたとき、発信を辞めるという意思決定をする日は必ずきます。

しかし、そうやって積み重ねたものが価値として残って、いずれ誰かの目に止まったときに感銘を受けてくれる方がいたらそれはそれでいいですよね。

情報発信とは、発信している情報の価値を求めてくださる方に見つけてもらうことですからね。







-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.