情報発信

「下書き」って誰にも価値を与えないから、見切りをつけたほうがいいよ。

投稿日:

ブログの量産が日常化してくると、ついつい書きかけの記事が増えてくるというもの。

ブログエディタの自動保存機能がついているものであれば、ちょっとでも記事を書いていれば「下書き」フォルダに自動的に保存されますよね。

いつか書こう、ちょっとだけ書いておこうと書きかけの記事が増えていってません?

実はこれ、いいようで悪いようで、言ってしまえば食べ散らかしとおんなじ状態なんですよ。

そんなあなたと私に喝を入れます!

「下書き」って誰にも価値を与えないから、見切りをつけたほうがいいよ。

「下書き」が増えてくると、ブログ更新をするのに悪い影響を及ぼすようになってきます。私が考えるポイントとして3つあるので、それを交えながらお話します。

1)「下書き」は、誰にも読んでもらえない記事

はいこれ。そりゃそうだ、なにを当たり前のことを・・・とおっしゃっているあなたは、きっと「下書き」フォルダがゼロの状態の良記事量産型のブロガーさんとお見受けします。うらやましい!

でも、実は冒頭にも書いたとおりで、つまみ食いのような記事が死屍累々としているのが多くのブロガーの背景のようです。これってブロガーとしての肝心なマインドがひとつ欠落しているんですよ。

それは「下書きは誰にも読んでもらえてないよ」ということ。

いつか書こうというつもりで置いている記事は、あなたにさえも振り返ってもらえないということが往々にしてあります。あなたに読んでもらえない記事は、公開されていないわけだから誰にも読んでもらえるわけがない記事です。

そういうのは、さっさとボツにするかきちんと書いてあげてください。

2)「下書き」は、保管庫じゃない

これはブログサービスの使い方として個人的に考えているのですが、最後に公開するシステムに中途半端な記事を溜めておくのは、記事を管理する上でもあまりいい環境ではありません。

「下書き」をつねにゼロに保つために、下書きは別のテキストエディタを使って記述して、最後にブログシステムで更新という方法をオススメします。

もちろん、書いたものをそのまま更新するならブログサービスのエディタに直接入力するのも問題なし。

気をつけないといけないのは、ブログエディタ内に下書き記事が山積していくことです。

3)「下書き」が増えるのは、部屋が散らかるのと同じ

ブログ更新は効率的であるべきというのは、私のビジネスマインドにもつうじます。

いい仕事をするためにはいい環境に整備して、つねに整理整頓がゆきとどいた場所に身をおいて質の高いアウトプットを繰り返すことが成果になると考えています。

それなのに!

肝心のブログシステムに「下書き」がわんさかあるというのはどうでしょう。

いい仕事をしているとはいいにくいですよね。いい仕事ができていないのであれば、クライアントにもいい評価をいただけないということ。つまり、そのブログは評価が下がっていく恐れさえあるということ!

「下書き」は時に見返してみて、もう手にかけることはないだろうという記事はそっと削除しましょう。

さいごに:書くということの抵抗を捨てる

こんなことを書いても誰にも読んでもらえないだろうな、とか、私の価値観に共鳴してくれる方なんていないだろうな、というスタンスでブログを書くのだったら、ブロガーとしての活動はやめたほうがいいです。いや、やめてください。もっとあなたにあった価値観をさがしたほうがいいですよ。

自己表現をあなたのメディアでおこなうということは、あなたという人間を世間にアピールして、なおかつ活動の幅を広げていくということ。

そのためにブログというメディアを選択されているのであれば、どんどん書いていきましょう。そして「下書き」フォルダの断捨離もしながら、価値ある記事を書き続けてください。

 

さあ・・・私も・・・下書きフォルダを整理整頓します・・・・・。

100記事とかなんで溜まってんのよ・・・。







-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.