情報発信

予約投稿を活用することが、ブログを毎日更新するためには欠かせないと気づいたお話。

投稿日:2017年4月1日 更新日:

毎日毎日ブログを更新して、自分の想いを形にしていこうとしていらっしゃる方は本当に多いです。

ブログセミナーでは、『情報発信を辞めたら「廃業」ですよ』だなんてセンセーショナルなアピールをされる方もあるようです。これに関しては私も同意です。

Google先生にいつもインデックスされるためにも、「役に立つ記事」を「毎日」更新しましょうというのがブログセオリーだと言われるのもうなづけます。

だからこその習慣化はブロガーにとっては必須のスキルで、習慣化こそに成長と成功はあると信じています。

とはいえですよ、毎日投稿しようとしても「ネタがない」とか「書く時間がなかったから日付が変わってしまった」だなんて、残念なことになる日も少なくないですよね。

そこで、ブログ更新のためのぜひ活用すべきと悟ったのが『予約投稿』を活用して記事のストック化を図るということ。

これを活用することでどんな利点があるかをお伝えします。

予約投稿のしかた

WordPressを使っている方は、記事を公開するときにクリックする「公開」というエリアを確認してください。

ふだんは「すぐに公開する」と表示されているところの右にある「編集」をクリックすると、この表示になります。

そこで未来の日時を入力して「OK」を押すとセット完了です。

いつもは『公開』となっている青いボタンが『予約投稿』に変わります。

予約投稿のメリット

記事のストックができます!

毎日毎日、何を書こうかと悩みつつ、時間に追われて記事を書こうとしたらすでに夜遅い・・・なんてこともありますよね。

そんな気持ちであせって書き上げた記事を公開する日々・・・これを「自転車操業」っていいます。

自転車操業とはつまり、立ち止まってしまうと「倒産」を意味することば。

これもブログに当てはめてみると、冒頭に書いた『情報発信を辞めたら「廃業」ですよ』ということばの意味がより重くなりますよね。

その環境から脱するためにも、余裕を持って記事を書き溜めることのできる『予約投稿』は価値があるのです。

定時更新を読者にアピールできます!

よく読まれるブログというのは、「更新される時刻」が決まっています。

これが知らず知らずのうちに刷り込みに近い習慣化として学習されていきます。

結果として「何気なく読んでいるけれども、いつも読んでいるブログ」というのが多くの読者の生活習慣になってしまえばこっちのもの。

たとえばビジネス系の記事は明け方に更新して、通勤途中のビジネスパーソンの目に届くようにすればいい、というノウハウはここにつながります。

書いたらそのまま公開するブログでは、こういう芸当はできませんよね。

公開までに加筆修正だってできちゃう!

もちろん公開後に訂正をすることもできるのですが、可能な限りは初稿をそのままずっと置いておきたいもの。

誤字・脱字は部分修正で済ませることはできても、文脈や解釈に違いが生まれたらストライク(打ち消し)タグを使って修正することになります。

「予約投稿」をセットしたあとで「あれ、あの書き方ってちょっとまずいかな?」と思い出してチェックしてみたら、実は耳まで真っ赤になるようなミスをしていたという経験は私にはありますとも。

記事の密度を高くすることができます!

加えて、公開までの時間を長く取ることができるということは、ひとつの記事の密度を高めることもできます。

分量を増やす、記述することの分析をていねいにおこなうといった、記事の信ぴょう性を高めるためには調査と証明に尽きますからね。

ゆとりがあれば、内容は良くなります。

予約投稿のデメリット

記事の鮮度が悪くなる

ブロガーにとって、記事の鮮度が一番高いのは書き上げた瞬間、そのときです。

記事の内容によっては、経時とともに価値がさがっていくものもあるので、その場合には撮って出しも辞さないようにしなくてはいけませんよね。

タイムリーな記事は適切なタイミングで。

他のブロガーに先を越されるおそれがある

同じような記事を同じようなタイミングでアップしてしまうと、後出し側にパクリ疑惑がつきまとうことだってあります。

本人にその意志がないとしてもです。

とはいえ、後悔しないためにも公開しておいたほうがいいですから、先出しで同じような内容の記事を見かけたとしても気にせずにいましょう。

ただし、意図的なパクリだけはダメ、ゼッタイ

 

さいごに:記事のストックは、おだやかな習慣化につながります

ブログを長く続けるためには「習慣化」こそが大切な要素です。

そのためには、日々〆切に追われながら更新し続けるよりも、ほんのちょっとでも余裕をもった更新、すなわち「予約投稿」をすることで毎日の更新を生活のリズムにしてみましょう。

ちなみに私は習慣化する予約投稿のメリットをどこで身につけたかといえば、1年以上にわたって継続した日刊メルマガの発行で学びました。

日刊メルマガの発行を欠かすことなく300号達成して感じたこと。
継続は力なり。数字があるから振り返りができる。この2つの信念を体現しようと、今年の元旦から日刊メルマガを発行し続けています。このメルマガが10月26日をもって通算...

あわてずに記事をストックしていき、強靭なブログに育て上げていきましょう。







-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.