広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




グルメ・カフェ情報

海とトリトン 〜 お店のネーミングが実はラーメンそのものを物語っていた!(広島市安佐北区)

投稿日:2017年3月21日 更新日:

鶏白湯系のラーメン人気でいくつかの新店がオープンしています。

その中で、お店の名前からして注目せざるを得ないようなネーミングを携えていたところがあります。

それが、「海とトリトン」さん。

オープン以来気になっていたそのお味にやっと行けたので、ご報告です。

「魚介系+鶏+豚=海とトリトン」!

もともとラーメン店だった場所を居抜きで利用し、おしゃれにリニューアルされた店内。

メニューはこちらです。

鶏と豚のアプローチがなされています。

つけ麺もベジポタからのアプローチとは、あまり例をみないところ。

セットメニューのアプロチーもあります。

ラーメンのアプローチが広いので、散々悩みながらも「濃厚鶏白湯ラーメン」を「唐揚げセット」でお願いしました。

「濃厚鶏白湯ラーメン」

しばらく待って、ラーメンの登場です。

こちらが「濃厚鶏白湯ラーメン」です。

ダブルチャーシューでトリトンをアピール。

スープからは魚介のテイストをほのかに感じることができます。

丼に可愛くデザインされたお店のロゴもステキです。

スープは濃厚と言われるところを期待しすぎると物足りなさを感じるかもしれませんが、すっきりとしたスープからは魚介と鶏のダブルスープの上品なバランスを味わうことができます。

店内で製麺されている中太麺との絡みもよくて、アブラのうまみを十分に感じることができる仕上がりになっています。

セットで頼んだ唐揚げも、下味がしっかりと染みていました。

食べ終わりのお楽しみ

ラーメンを最後まで食べきると、丼の底からこんなお礼が・・・。

徹底的にキャラクタライズされたお店づくりですね。

かつてのマンガをイメージさせるようなネーミングのお店、実はスープのあり方をひと言で表現するにはこれ以上もないネーミングセンスなんだということを実感しました。

つぎはベジポタをいただこう。

ごちそうさまでした!







-グルメ・カフェ情報
-, ,

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.