広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら

働き方

小さなビジネスでも大きな経営理念を掲げなきゃいけない理由

投稿日:

私の身の回りには個人事業主として活躍されている多くの方がいらっしゃいます。

これを読んでくださっているあなたもきっとそうですよね。

あなたの好きなことを磨いて手に職として、多くの方のお役に立つことを目指して日々活躍されていることでしょう。

しかし、集客に悩んだり、本当にこのことを仕事として続けていてもいいんだろうかと人知れず悩むものです。

特に、駆け出しからある程度の成果を出してしまうと、この点でつまづいたときには修正が効かなくなるということも少なくありません。

そのために大切なことは、『どんなに小さなビジネスでも、大きな経営理念を掲げよう』ということです。

「経営理念」をつくることについては、以前もこんな記事を書きました。

ビジネスをやるって決めたら『経営理念』をつくろうというお話。
ありがたいことに、経営に関するコンサルティングの依頼をちょうだいしています。これから独立するというアントレプレナーの方もあれば、家業を継承されている方、さら...

今回は、これをもう少し深掘りします。

商売のよりどころをつくる

何事においても始めるきっかけは不純でもいい、と私は考えています。

不純な動機でも行動することがたいせつで、質よりも量を優先して行動を繰り返していくことが肝要ですよね。

質だの量だのと騒ぐ人は、これを読んで落ち着いてください。
勉強にしても仕事にしても、質を高くしましょうとか量をたくさんこなしましょうと、どっちつかずの意見が散乱していますよね。質と量のどっちを重視するのがいいかとい...

それを極めていく中で、そのことをそもそもはじめようとした初期衝動と、それを続けることで誰にどうなってもらいたいかということを考えることが、その商売が永続することのヒントになります。

商売の永続と書きましたが、本当はあなたがあなたの人生をつかってやりたいことは何か、ということなんです。

ここがぶれてしまうと、商売のよりどころとして何かあったときに立ち戻る場所がなくて、糸の切れたたこのような流浪の人生になってしまうのです。

それが嫌だったら、そもそもひとりでビジネスをしないか、どこかに雇われているほうが幸せです。

原点回帰のきっかけ

初期衝動というのは、なにごとにおいてもあります。

なんとなく始めた気になったものであっても、そのなんとなくの中にあなたが人生を賭してまでやりたいことだということに気づくことだってあります。

その初期衝動は、事業やビジネスが成長をしていく上ではときどき見失ってしまうもの。

唯一、それを見失わないビジネスがあるとすれば、起業をしたい人のためのコンサルタントかもしれません。

起業をする人は大なり小なりの初期衝動がすくぶっていますから、それをうまく燃え上がらせることが仕事ですし、その人の気持ちにもっとも寄り添いやすい立場ですからね。

それをあらかじめ明文化しておけば、過去を振り返って未来を考える一助にもなるし、これからのビジネスを推進させるための励みにもなります。

そもそも「経営理念」は、あなたがその人生をつかってなにを成したいかということの意思表明であって、関わってくださる方への約束ごとです。

経営理念があれば、何屋だっていい

当然、ビジネスの成果や本人の価値観によって、一度つくった経営理念を見直そうとするときはあるかもしれません。

しかし気をつけておかないといけないのは「経営理念」と「事業計画」は違うということ。

つまり、「事業計画」は、あなたの信念に基づいてつくった「経営理念」を実行するための手段であって、あなたの人生を表現する場ではないということです。

だから、「経営理念」に書いた、あなたの人生を実現するためのことがらが大きくブレることがなければ、何屋を展開してもいいし、ビジネスに際限はありません。

そのためにも、「経営理念」を組み立てることができてさえいれば、個人事業主だって会社員のかたわらで副業をしようかと考えている方にだって、成功のチャンスはあるんです。

だって、自分の決めたことにウソをついてまで成功する人に、信頼を寄せてくれる人なんていないんですから。

-働き方

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.