広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




書評

[読書書評]『プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意』 コグレマサト、するぷ

投稿日:2017年2月28日 更新日:

アクセスアップは数字を増やすことだけではない

1.本の紹介

ブログを書き始めることで、人生が変わっていった人はいらっしゃいます。

では、人生を変えるためのブログテクニックとはどんなものでしょうか。

2.本の要約、3つのポイント

1)なぜアクセスを増やしたいのか

そもそもブログを開設したのであれば、多かれ少なかれ「誰かに読んでもらいたい」という意識があります。

その指標として「アクセス数」や「ページビュー」と呼ばれる数字があり、これがモチベーションに直結することは往々にしてあります。

しかし、数字だけでは「どのように読まれたか」はわかりません。

これに振り回されるようになると、本当に伝えたかったこと、すなわちブログを開設したときのマインドを縛ってしまうようになります。

アクセスの数字よりも、あなたのブログの「ファン」を増やすこと、つまりあなたのファンを増やすことを念頭にブログを更新してみましょう。

2)目標を設定し、自分の「型」を作る

ありがちなのは「思いついたときに書く」「何となく書く」というスタンス。

これではせっかくの意思もブログもなかなか育ちません。

目標を立てて記事を書き、公開してから効果計測をして改善するという「書き続ける」サイクルを繰り返して、あなた自身がどんな記事をどのように書くかという「型」を決めることが大切です。

ブログを通じて達成したい「目標」と、そのための「ルール」を決めることです。

3)アクセスアップの先にあるもの

いきなり大きな成功を手にすることが難しいのは、ブログに限らずどんなものにおいても同じことです。

立てた「目標」に達成しているか、未達の場合にはなぜそうなってしまったのかをきちんと分析することもまた、継続的にブログを、そしてあなたの成長を進める上では肝要です。

ブログの記事は資産です。

目標に届かなくても、少しずつ積み重なっていって、誰かに読んでもらえてよろこんでもらえることを意識して継続していきましょう。

3.本から学ぶ、3つのキーワード

1)書かないことの基準

ブログを長期にわたって継続する上では、書かないほうがよい話題もあります。

例えばネガティブな結論にしかならないものは批判の対象になることもあります。プライベートや政治、信仰についてもよく考える必要があります。

2)正式名称や固有名詞は正しく

商品名などは検索キーワードとして重要な機能を果たします。

略語などを使う場合にも、まずは正しい名前を書くようにします。

3)11ヶ月前に読まれた記事からネタを拾う

1年前によく読まれた記事は、今年も読まれる可能性はあります。

そのための分析と、今年のための記事づくりの情報収集に向けて、11ヶ月前の記事を見直すというアクションは有効です。

4.本から実践、ひとつの行動

『自分のブログの型を見直す』

今のままでも良い、という判断も含めて、ブログ更新の型を見直します。

5.ご紹介した本の情報

6.スギコラム(読後感想)

ブログは人生を変えるひとつのツールです。

それそのものを生業とする方もあれば、ブログを書くことでもともとの本業が発展する方もあります。

文才や画像の腕前を認められれば、また違った人生のステップをアプローチされる機会だってあるでしょう。

プロブロガーと呼ばれる方が増えてきました。

プロというのは、自分の持っている才能を提供して、対価をいただくとうこと。

ブログでもプロを名乗るのならば、そのためのマインドとして「誰のためにブログを書いているのか」という点をフォーカスすれば、意外と人生ってイージーモードに突入するかもしれません。

要はやるかやらないか、やるならやりつづけるかどうか。

それだけです。

広島でRead For Actionなら「スギタメ読書会」!

一般社団法人Read For Action 協会の認定リーディング・ファシリテーター、杉谷英範による「スギタメ読書会」は、定期的に開催しています。

次回開催はブログ「スギぱら」内、各SNS(Facebook、Instagram、Twitter)でご案内しております。

週に1回、読書やブログの情報をお届けするメルマガ

こちらからお申し込みください。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
姓:
名:
*お名前ふりがな
姓:
名:
*都道府県







-書評

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.