広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




ライフハック

自作リフィルの手帳で、人生が変わる!読書家スギが使っている実例をご紹介!

投稿日:

システム手帳に「手作りリフィル」を用いるようになって、1年以上が経ちます。

世にある成功手帳のようなものももちろん興味はあるのですが、「手作りリフィルで成功している方」があるのならそれを真似るのも成功への道!

こちらの本をもとに、手作りリフィルのお世話になりっぱなしな私のノウハウを本日は大公開です!

「したいこと、やりたいことリスト」

まずはこちら、「したいこと、やりたいことリスト」です。

ここにはただ、未来に向かってしたいことややりたいことをただひたすらに書き続けていきます。

毎日それをながめて、来るべき日の自分を想像して生活していくと、それに向けて行動も変わってくるんですよね。

「したいこと、やりたいことリスト」なんですから、だいたいポジティブなこと、プラスのイメージを書き続けますよね。

そう、プラスのイメージをもつことで脳をダマせば、それに向けて行動が変化していきます。

「プロジェクトシート」

つづいて、「プロジェクトシート」。

これは商談やミーティング、クライアントさんとの打ち合わせに使います。

1枚の裏表で完結していて、まずはフリーの枠に思いついたことを書き続けます。

私の場合は、箇条書きメモやマインドマップを場合によって使い分けています。

そして、商談やミーティングが終わったら、清書として記録をまとめます。

日時、時間帯や場所といった基本データに加えて、ToDoと重要項目の書き出しをおこないます。

ToDoは必要に応じて「Todoist: Todoリスト | タスク管理」というアプリに登録し直します。

Todoist: Todoリスト | タスク管理

無料
(2017.02.24時点)
posted with ポチレバ

「No.1ドリカム・デイリーシート」

極めつけはこれです。

「No.1ドリカム・デイリーシート」と呼ばれるこのシートは、カスタマイズの宝庫となっています。

パッと見は1日のスケジュールとToDoリストを書き出すだけのものですが、その裏面には日々のテーマを設定したり、その振り返りを含めたピグマリオンミーティングの記録なども書けるようにしています。

むしろどちらを重要視するかと言えば、夢やテーマを書き出すページにこそ、このシートの意味とノウハウは凝縮されています。

単に1日の行動デザインをするだけでは息詰まるスケジュールになりがちですが、たとえそれが完遂されなくても前向きな1日を終えて楽しい翌日を迎えるための大切なヒントを詰め込むようにしているんですよ。

こういうことの積み重ねが「凡事徹底」ですよね。

こちらのアイテムも忘れずに

手帳本体

リフィルだけでは当然使うことはできないので、手帳は必須です。

私が使っているのは、レイメイ藤井のダヴィンチ、ロロマクラシックですね。

牛革の重厚感が、使うほどに艶と深みを醸し出してくる一品です。

 

6穴パンチ

そして、印刷は自前で行うとしたら、穴をあけなければ手帳用リフィルにはなりません。

このパンチ、手帳のサイズに合わせて3穴を2回あけることができるパンチです。

1度に5枚程度の紙に穴を開けることができます。

プリンター

両面印刷ができるプリンタがあれば、言うことはありませんね。

私は、ブラザーのモノクロレーザープリンターを使っています。

カラープリンターでももちろんいいですが、レーザープリンタだと水濡れで滲むことがないですよね。

ディスクカッター(押し切り)

A4用紙に印刷したら、2分割しないといけませんね。

そのときに使用するのがこちらです。







-ライフハック

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.