広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




「1日1冊!稼ぐ読書習慣メソッド」

だからデキる人は本を読む!真似こそが成長の第一歩、そのヒントは本にあり。

投稿日:

成功者はオリジナルよりも真似を大切にすると言われますよね。

自分自身でうんうんと唸ってアイデアを創出するよりも、身近にある成功例を真似しながらそれを少しずつバージョンアップさせていけば、おのずと結果がついてくるという話はよく耳にします。

ではその「真似」をするための源泉は、いったいどこにあるかといえば、そう、本です。

本に書かれていることを「真似」するための読書を手にすれば、あなたも思い通りの人生を手にするきっかけをつかめますよ。

理由1)何を知りたいのかがハッキリしている

趣味やビジネス、なにかの取り組みをしている上で困ったこと、解決したいことが見つかれば調べますよね。

調べるのであればネットで検索でも十分かもしれませんが、その調べるという行為を本でおこなっていきます。

本で調べるのは、あなたが知りたいと思うジャンルについて書かれているものを手にするわけですから、集中して知りたいことを手にしようと読書をします。

ネットと違って脇道にそれることもなく、気づいたら検索ワードから見始めていたサイトとは違うところに行っていた・・・なんてことはあまりありません。

身につく読書というのは「何を知りたいのかがハッキリしている」ことにあります。

理由2)まるごと1冊読まなくてもいい

読書を始めると、その本をまるまる1冊読まなくてはいけない!というある種の強迫観念に駆られる方もあるでしょう。

しかし、調べ物をするときの読書は、知りたい点だけを読んだら一旦読了にしていいんです。

つまり、「まるごと1冊読まなくてもいい」という読書を心がけてください。

知りたいこと以外の情報までを知識にしようとしてしまえば、本当に知りたかったことの解決からブレていくことも考えられるし、なにより知りたかったことの解決策を知って、行動するまでの時間が読書をした分だけ遅くなります。

時は金なりとは、こういうところにも意味が出てくる言葉です。

理由3)素直に読み取って、実行できる

知りたいこと、わからなかったことを見つけて読み取ったら、それが納得できるレベルであればすぐに行動しましょうね。

「こんな風には書いてあるけど・・・」とか「これじゃ良くならないよ」といった、斜に構えた読書のしかたではいつまでたっても満足した解答を得ることは難しいです。

「素直に読み取って、実行できる」読書を心がけるときに大切なのは、正解を求めるのではなくて、納得解を見つけること。

そしてそれをすぐに行動することです。

「あ、これはちがうな」と行動してから気づいたのであれば、そこでまた本を開くだけの話です。

さいごに:時間と経験を本という知識から得る

先人の知恵は、往々にして山積みされた失敗の中から生まれた宝です。

失敗は挫折ではなく、プロセスのひとつとして考えれば、かつては失敗だったかもしれないその事例が、あなたが今このときに欲しているタイミングでは珠玉のアイデアかもしれないというのもよくある話です。

先人が時間とお金をかけて失敗したことを、わざわざ本に認(したた)めてくださっていることに感謝しながら、あなたが今、解決したいと考えているその問題の解決になるヒントを得てみてください。

成功者は読書家だという理由は、これに尽きるんです。







-「1日1冊!稼ぐ読書習慣メソッド」

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.