広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




「1日1冊!稼ぐ読書習慣メソッド」

迷ったりわからなくても、読み進める読書を身に着けよう。

投稿日:

読書をしていると、書いてある文章の意味がわからなかったり、「あれ、さっきなんて書いてあったっけ?」とページをさかのぼって読んでしまいがちです。

しかしこの読み方、実は良質な読書をするうえではちょっと考えものの行動なんです。

その理由と、ではどうしたらいいのかについてお話しましょう。

読書リズムを乱したら、集中力が下がってしまう。

速読を心がけている方にはおそらく自然とできていることなのですが、いったん読み始めると「意味がわからない」「直前に書かれていたことはなんだったっけ?」というつまづきがあったとしても、気にせず読み続けるのです。

それは、本に書かれている内容をその場で理解することよりも、リズムに乗って本を読むことのほうに重点を置いているからです。

「書いてあることが理解できていなくてもいいの?」と思う方もご安心を。

たいせつなのは、リズムよく本を読み進めることです。

部分的な理解を求めると、全体観を見失う。

精読をしているときであれば、そのスピード、リズムを守りながら読み進めればいいのですが、ちょっとずつでも立ち止まって理解を得ようとすると、その都度で部分的な理解をしていくことになります。

1冊の本は、たくさんの知識がちりばめられた集合体ですが、おおむね本に書かれている主軸は散らばった知識とは大きくブレているものではありません。

それがわかれば、部分的な理解を積み重ねていく読書は効率が悪いどころか、本の全体観を見失う恐れがあることに気づくようになります。

あなたのリズムで、何度も読めばいい。

つまり、分からなかった点、迷ったところがあったとしても、そのまま最後まで本を読むのが質の良い読書へとつながります。

一度目で迷ったところに差し掛かると、二度目に読むときには自然と注意が働きます。

この精度で1冊の本を繰り返して読むことで、読書スピードが高まって、知識吸収も良質なものに変わっていきます。

さいごに:その本から学ぶことを明確にしておくこと!

1冊の本を繰り返して読むことで、本からの知識はたくさん得ることにつながり、読書スピードも高まります。

さらに質の高い知識吸収を狙うのであれば、本を読む前に「この本から何を学ぶのか」ということをはっきりさせておくことも大切です。

結果として速く本が読めるようになれば、良い多読習慣ほど他の人と実力に差をつける手段はありませんからね。

こちらも読んで、ぜひチャレンジしてみてください。

「本を速く読む」ことを実感するなら身につけたい、5つの読書習慣。
先日、こんな質問を受けました。「スギさんは毎日1冊の本を読んでいらっしゃいますが、どうやったらそんなに速く読めるんですか?」というもの。たしかに、毎日1冊の本...

週に1回、読書やブログの情報をお届けするメルマガ

こちらからお申し込みください。
*メールアドレス
*お名前(姓・名)
姓:
名:
*お名前ふりがな
姓:
名:
*都道府県

広島でRead For Actionなら「スギタメ読書会」!

一般社団法人Read For Action 協会の認定リーディング・ファシリテーター、杉谷英範による「スギタメ読書会」は、定期的に開催しています。

次回開催はブログ「スギぱら」内、各SNS(Facebook、Instagram、Twitter)でご案内しております。







-「1日1冊!稼ぐ読書習慣メソッド」

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.