情報発信

ブログにライフログを掲載してみよう。生き方を変えるはじめの一歩。

投稿日:2016年12月18日 更新日:

先週の日曜日、プロブロガーの立花岳志さんのセミナーを受けました。そこで感じたこと、学んだことを実践していこうと考えたときに決断したのは、このブログに「ライフログ」を載せてみようということ。

それについて書いてみます。

ブログにライフログを掲載してみよう。生き方が変わる、いや、生き方を変えるためのはじめの一歩。

「行動した結果を書く」ことから「書くために行動する」

ふだんは読書や思考、そういったことの記録やオピニオンを残すことの多いこのブログ。しかし私の場合はこのブログ以外にも他にあるブログやSNS、メルマガを毎日更新・配信していることもあって、アウトプットの量は相当のもの。

しかし、それはすべて行動や思考をもとにした結果を書いているものであって、平たい言い方をすれば「ブログに書くための行動をしよう」ということをあまり意識していなかったところがあります。

まったくないといえばウソになるけれども、そこをよりエッジを際立たせたことを書くためにはブログのための行動様式、思考の変化は必須です。

「結果」だけではなく「プロセス」を「自己開示」する

たとえば、ブログのライフログにテーマとして「ダイエット」を掲げるとしましょうか。

ダイエットの場合は、期間と減らしたい体重といった定量的な、数字ではっきりと結果を提示しやすいもので伝えることができます。

でもここで、きょうの記録としての数字を述べるだけではなく、どんなことをしてその数値になったのか、逆になにが原因で目標に至らなかったのかを赤裸々に述べることもまた必要でしょう。

目標達成のための行動は、からなずしも「成功」をもたらすものではなくて、ほぼ「失敗」に終わることだらけ。でもその「失敗」は「成功」につながる準備期間だと思えば、プロセスを積極的に自己開示することで成功への自信につながります。

それを応援してくれる人も増えますしね。

習慣化を習慣にするための毎日更新

ライフログはひな形が決まれば、毎日更新することができます。スマートフォンのアプリで記録を録ったものを公開すれば一目瞭然だし、それに所見やアイデアを書き加えておけば、まずは自分自身がそこに記録があることを理解しますからね。

そして、その記事を参考にしてくださる方がいらっしゃれば、その方へのお役にも立てます。このマインドがなければ、ライフログという毎日うまれつづける「生きた結果」を毎日更新することはできないですからね。

さいごに:目標は達成しなくても、そのためのプロセス構築には必須

この「ライフログを毎日更新する」ということは、先週のセミナー直後から考えていました。やっとその気になったので、明日からは朝の更新として前日のライフログをブログの記事として公開することを続けてみます。

今は公にはしませんが、裏テーマとして定量的な目標を設定したので、そのゴールにむけて自分のブログのもつメディア力と習慣化を武器にチャレンジしてみます!







-情報発信

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.