お買い物記録

カシオ「ポムリエ」で名刺の裏に載せる情報用のスタンプをつくってみたよ。

投稿日:

ずいぶん前に、安く手に入れることができたカシオの「ポムリエ」というスタンプメーカー。フル稼働!というわけではないのですが、いざというときにいろいろと役に立ってくれています。

今回、名刺の裏にスタンプする情報をつくりたいとおもって、久々にポムリエのお世話になりました。

カシオ「ポムリエ」で名刺の裏に載せる情報用のスタンプをつくってみたよ。

製品はこちら

▲ このWi-Fi/USBモデルを我が家では使っています。

Macに専用のアプリ「pomrie STC-MC10」をインストールして、デザインをしてから製版するという流れです。

こんな手順で作りました

Pagesでデザイン起こし

まずは、「Pages」でこんなイメージにしたいというものをデザインしていきます。これをスクリーンショットとして画像化して、さきほどのアプリに取り込みます。

アプリに画像として取り込む

▲ まずは画像を選択。これが「Pages」でつくったデザイン。

▲ 印刷したいスタンプキットのサイズを選んで、拡大縮小しながらキットの枠内に収まるように調整していきます。

▲ 今回は、60mm × 30mmのスタンプキットを選択。

画像変換のスタイルがむずかしい!

▲ 画像をスタンプとして製版するときのスタイルを選びます。どのスタイルがいいかは、ひとつずつ選びながら仕上がりをプレビューして判断していきます。この作業がなかなか骨の折れる仕事なのです。

▲ コントラストの調整で、版の仕上がりを調整します。

▲ これが最後のプレビュー画面。ここで「保存」をクリックすると、いよいよ製版です。

▲ 仕上がり見本がこちら。

いよいよ製版

本体にシートを挿入

▲ これがスタンプキット。シートの黒い部分に製版して、木製のハンドルに貼り付けます。

▲ こちらが「ポムリエ」本体。これまでにもいろいろなスタンプをつくってくれています。

▲ 本体奥にスタンプキットのシートを差し込んで、パソコンで制作したデザインデータをWi-Fi経由で送信します。

▲ 約40秒くらいでシートに製版されてでてきます。

▲ これが製版されたもの。きちんと反転されていますね。

インクを載せます

▲ 製版されたシートを木製のハンドルにシールで貼り付けます。いよいよスタンプらしくなってきた!

▲ これに、専用のインクを染み込ませていきます。今回セレクトしたのは、アッシュピンク。

ちなみに専用の顔料インクは、全10色のラインナップ。

▲ ポムリエのスタンプは、スタンパーに押してから使うものではなくて、インクを染み込ませてから使うタイプ。製版された部分にインクを載せ、約5分かけてじっくりと浸透させていきます。

さあ、スタンプだ!

▲ 余分なインクを拭き取って、試し押しを繰り返します。スタンプが均等にできるようにテストですね。

▲ 記念すべき最初のひと押し目は、スタンプのハンドルに貼るラベルに押します。これができあがりの様子です。これで完成!!

▲ さあ、名刺の裏の白紙部分にどんどんスタンプしますよ〜!

さいごに:スタンプキットは高いけれど、価値あるスタンプができる!

サイズによってお値段にも大きく差が出るポムリエのスタンプ。我が家では文字情報や子どもの写真をイラストにしたものなど、いろいろつくっています。

仕上がりは業者発注したものには及びませんが、自宅で気軽にスタンプをつくることができるというのは、デザイン浴を高めることもできるし、ロイヤリティの高いスタンプを作ることもできますからね。

メルカリなどでは、このポムリエのスタンプで制作代行をされている方もおありです。

単に自分の趣味だけではなく、クラウドワーキング的にスタンプ制作というのも楽しいでしょうね。オススメです。







-お買い物記録

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved.