広島発!本をぱらっと読む感覚で、ビジネス、ライフハック、グルメ情報をお届けします。

スギぱら




働き方

常に真剣勝負の人生物語!作務衣を着た3人の男があなたの「おはなしききます」という理由。

投稿日:2016年8月14日 更新日:

『路上で「おはなしききます」の会』、今さらネーミングしました。

実はこの活動、7月に初動していたんですよ。

ただ、どっちに転ぶかわからない企画だったので、ブログでもメルマガでもましてやSNSでも告知をしていなかった案件でして。

その第2弾を8月13日の夜に決行してきました。

さて、いったいこの活動がナニモノなのか、それを今からお話します。

常に真剣勝負の人生物語!作務衣を着た3人の男があなたの「おはなしききます」という理由。

作務衣3人集

何をやっているのかをわかりやすくいえば、深夜の路上で『人生相談』をしているんですよ。

まずは、こちらのリンクをご覧ください。

【終了しました】2016年8月13日(土)ふたりの読書家が、夜の街であなたの背中を押す物語。

当初は私の提案に賛同してくれたしみー(写真中央)とふたりで行う予定が、今月かあらたにかなやん(写真左奥)も加わりたいとのことで、3人で路上で座り込みです。

この取り組みを始めるきっかけは、「読書家のふたりが積んできた知識を持って、おはなしをきいてさしあげます」という人生相談のようなものをしてみようというものでした。

これで売上を立てるとか、そういったことは考えていなくて、ただ単純にいろんな方のお話をきくことができるといいなあ、というものでした。

そもそも、しみーと私のそれぞれが持つミッションステートメントって、意外にも近いものがあるんですよね。

「カッコいい男性を増やしたい」(しみー)
「何かをしようとするひとが踏み出すための勇気を引き出す」(スギ)

いやいや、エラそうに聞こえるかもしれませんが、これがまじめに言ってるんですから。

その力になるために、そして我々ふたり+かなやんもたくさんの方とお話をすることで人間を磨きたいと考えているんです、これホントに。

2時間座って気づいたこと

前回も今回もほぼ2時間ほど座っていました。

歩く人よりも低い位置に座って、いわば人間観察をしているとさまざまな人がいるんだなということに改めて気付かされます。

私たちのことを嘲笑するように見ていく方。

アイコンタクトで応援する素振りを見せてくれる外国人。

興味ありそうにしながらも結局は足早に過ぎ去る方。

ほんとうに色々です。

足を向けてくださる方がいらっしゃらなかったので、おはなしをきくことはできませんでしたが、それでも人間模様を観察できるのはそれだけで意味と価値が大きくあるものです。

ただぼんやりと眺めるだけじゃなくて、通りゆく人たちの人生などをいろいろと想像してみるとそのことに気づきます。

ただ単にこう悟るんです。

「いろんな人たちがいるから、人生はおもしろい」と。

今回はゲストも一緒でした

作務衣を着て一緒に座ってくれたかなやんもそうです。

もうひとり、いろいろなコミュニティでご一緒することのあるみーさんこと山口美穂さんも来てくださいました。

みーさんは、私たちが座っている横で書き上げたブログがこちら。

http://ameblo.jp/mei8miho/entry-12190085321.html

「ふるさと納税」に関するセミナーを開催していらっしゃるので、興味のあるかたはぜひ。

次回は9月10日(土)です

このイベントは、毎月第2土曜日の22時からスタートすることで方針を決めています。

今年の12月までは開催していく予定ですので、ご都合がよければぜひ遊びにきてください。

隣近所には古巣の占いやイラストレーターさんがいらっしゃいますが、我々はお代をいただかずに活動しています。

おっと、そういえばなぜ「作務衣を着ているのか」を述べていなかったような・・・。

それはまたのおはなしで。







-働き方

Copyright© スギぱら , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.